private 【国際】ネスレ、主要農作物調達地域で300万本植林。自然と共存した事業活動実現に向け

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは3月4日、2021年までに米州の主要農作物の調達地域で300万本以上を植林すると発表した。すでに同社のコーヒー・ブランド「ネスプレッソ」が2020年を目標とするサプライチェーンでの500万本植林植林目標を発表しているが、それに追加する形で設定した。  同社は2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にする目標を掲げている。ネスレは、植林を実施する理由について、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】債券取引プラットフォームMarketAxess、グリーンボンド取引機能拡充。植林クレジット付与も

Facebook Twitter Google+

 米債券電子証券取引プラットフォーム大手MarketAxess Holdingsは1月28日、グリーンボンド取引機能を強化するとともに、グリーンボンド取引毎に植林できる環境アクションを発表した。同プラットフォームでのグリーンボンド取引の魅力を高め、売上を伸ばしにいく。  2019年のMarketAxessでのグリーンボンド取引額は、前年比8%増の190億米ドル(約2兆円)。MarketAxessは市場全体の取引の15%を占め、米国では [...]

» 続きを読む

private 【国際】マスターカード、植林寄付クレジットカード発行。シティバンク等協働。国際環境NGOの寄付

Facebook Twitter Google+

 決済世界大手米マスターカードは1月17日、シティバンクらと協働で、植林イニシアチブ「Priceless Planet Coalition」を発足したと発表。参画企業は、同社クレジットカードでの決済を通じて植林活動に参加できる。同社は、ネットワーク効果により、各企業が単体で取り組む以上のメリットを創出することを期待。今後5年間で1億本の植林を行うと宣言した。  同イニシアチブは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】クラウザー研究所、気候変動防止に必要な植樹量算出。気温上昇による森林被覆向上説には警鐘

Facebook Twitter Google+

 スイス連邦工科大学チューリッヒ校のクラウザー研究所は1月7日、世界初となる気候変動の防止に必要な植樹量を明らかにした研究結果を科学論文誌に発表した。同研究所は、現実的な目標設定のもと、適切な資源配分や進捗管理を行うことを目的に、植林による気候変動対策を分析。人間活動に必要な都市部や耕地を除き、世界のどこで新規の植林が可能で、どれだけの二酸化炭素を吸収できるかを算出した。  同研究結果によると、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】国家林業局、2035年までの大規模森林育成計画発表。2018年だけでアイルランドの面積分

Facebook Twitter Google+

 中国国務院国家林業局は1月10日、2035年までの大規模森林育成計画を発表した。国土の森林カバー率を現在の21.66%から、2020までに23.04%に、2035年までに26%に上げる。実現すると世界最大規模の植林となる。国家林業局は、国務院の各部から独立した国務院直属機関。  中国では過去数十年、社会発展に伴い、国土の森林カバー率が減少してきている。中国政府は国土保全、生態系保護、気候変動緩和のため、2016年から2020年までの [...]

» 続きを読む

【イギリス】森林委員会、イングランド北東部の原野で近年最大規模の植林計画承認

Facebook Twitter Google+

 英行政機関の森林委員会は11月30日、イングランド北東部ノーサンバーランド州ドッディントン北部原野の350ha(東京ディズニーランド約5倍)に、政府の資金提供により今後2年間で60万本以上の植林を行う計画を承認した。同プロジェクトを提案したのはAndy Howard氏率いる民間団体。植林規模は過去30年間で英国最大。植林後はプロジェクト起案者らの私有地となる。  サッカー場650面以上に相当するこの森林は、激減が危惧されている在来種 [...]

» 続きを読む

【中国】シーゲイト、政府系環境基金と連携し緑化活動をスタート

Facebook Twitter Google+

 ストレージ分野で業界をリードしているシーゲイトテクノロジー社は4月2日、国務院林業局と連携し、中国緑化基金会とともに「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトを始めた。40エーカーの桜を植え 収益を教育援助に使う。目下のところ中国政府は、国内の環境保護に全力を挙げており、シーゲイト社のように政府の達成目標を企業側も自発的にサポートする動きが最近増えている。  「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトの趣旨は市民、企 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る