【イギリス】バークレイズとリンカーン大学、アグリテック研究ラボ設立。起業や事業拡大支援

Facebook Twitter Google+

 英金融大手バークレイズは10月20日、英国農業の発展のため、英リンカーン大学ライズホルム・アグリテック研究所と協働し、最先端の農業研究施設「イーグル・ラボ農場」を開設すると発表した。起業家や研究者と同大学の連携を推進する。  同社は、第4次産業革命の担い手を増加させるため、英国全土で起業や事業スケールアップのためのラボ施設を2015年から立ち上げており、今回のラボは25ヵ所目。事業領域としては、アグリテック、ゲームテック、法律テック [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAO、IBM、マイクロソフト、食糧システムでの「AI倫理のためのローマ要請」を再確認

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)、IBM、マイクロソフトの3者は9月24日、インクルーシブでサステナブルな食糧環境を構築するために人工知能(AI)を活用していくことを再度表明した。3者はローマ教皇も支持する形で2020年2月に策定された「AI倫理のためのローマ要請」を再確認した。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】マクドナルドとマケイン、フライドポテト用じゃがいも生産農家の支援基金設立。低炭素化支援

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは9月25日、カナダのじゃがいも食品加工大手マケインと協働で、英国のじゃがいも農家のレジリエンスを支援する基金「サステナブル・マックフライ・ファンド」を設立したと発表した。マケインは、マクドナルドにマックフライを供給しているサプライヤー。  同基金の規模は (さらに…)

» 続きを読む

private 【インド】インド準備銀行、気候変動による農業収量悪化を危惧。アニュアルレポートで開示

Facebook Twitter Google+

 インドの中央銀行であるインド準備銀行は8月25日、2020年度のアニュアルレポートを発行。その中で、気候変動によるインド国内での気温上昇により、農業収量が低下してきていることへの危惧を明らかにした。インドでも中央銀行が気候変動による経済影響を懸念するまでになっている。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CBI、農業セクターのグリーンボンド適格性基準の初版発行。畜産はスコープ外

Facebook Twitter Google+

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は8月20日、農業セクターでの気候変動緩和及び気候変動適応のためのグリーンボンド基準(CBS)を公表した。2019年2月から1年半を経て、ようやく策定に漕ぎ着けた。  農業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】マッキンゼー、農林業でのCO2削減改善分野をまとめたレポートを発表。コスト試算も

Facebook Twitter Google+

 コンサルティング世界大手米マッキンゼーは5月6日、気候変動を1.5℃に抑えるためには、農林業セクターでの削減が重要とするレポートを発表した。世界全体での排出量のうち、農林業での排出量割合は27%。エネルギーセクターの18%を超える。  今回のマッキンゼーは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インド】IBM、気象サービス子会社の農業支援ツールを30日間無償提供。新型コロナ対策

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMは4月、新型コロナウイルス・パンデミックで外出抑制状態にあるインド農家およびインドの農業スタートアップ企業向け、同社が2016年1月に買収した気象サービスThe Weather Companyの基本サービス「Operations Dashboard」を30日間無償提供すると発表した。  同サービスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRI、農業・漁業のセクタースタンダード策定プログラム発足。参加機関の応募開始

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIは2月4日、農業及び漁業セクターを対象としたセクタースタンダードの策定プログラムを発表した。GRIの基準策定機関GSSBが担当する。3月4日まで策定機関の応募を募る。  GSSBは、2019年にセクタープログラムを開始。特に農業と漁業は、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】EPA、USDA、FDA、合同で農業バイオテクノロジー情報サイト開設。法規制を説明

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)、米農務省(USDA)、米食品医薬品局(FDA)の3機関は1月9日、農業バイオテクノロジーに関する法規制を整理した合同ウェブサイトをリリースした。3省庁でまたがる農薬や遺伝子組換え等に関する法規制をわかりやすくことを目的としている。  農業バイオテクノロジーに関しては、トランプ大統領が「農業バイオテクノロジー製品の規制枠組みの近代化のため大統領令」を発しており、3省庁はわかりやすく伝えていくことが求められていた [...]

» 続きを読む

【国際】WMO、食料安全保障のために気候変動情報サービスの必要性強調。特に途上国で大きな課題

Facebook Twitter Google+

 世界気象機関(WMO)は12月3日、気候変動情報サービスが農業や食料安全保障に与える影響を分析したレポート「2019 State of Climate Services」を発表した。気候変動関連情報サービスが農業や食料安全保障に大きな利益をもたらし、それらに対する投資は十分利益を上げられるとする一方、それらのサービスが十分に必要な人々に届けられていない現状に警鐘を鳴らした。  同レポートは、2018年の気候変動枠組条約締約国会議(C [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る