【国際】UNEP、持続可能なコメ農業イニシアチブ「Sustainable Rice Landscapes Initiative」発足 2019/04/10 最新ニュース

【国際】UNEP、持続可能なコメ農業イニシアチブ「Sustainable Rice Landscapes Initiative」発足 1

 国連環境計画(UNEP)は3月26日、持続可能なコメ農業イニシアチブ「Sustainable Rice Landscapes Initiative」を発足したと発表した。UNEP、国連食糧農業機関(FAO)、ドイツ国際協力公社(GIZ)、国際稲研究所(IRRI)、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)、Sustainable Rice Platformが参加。持続可能なコメ生産に関する知見を共有しつつ、協働する。

【参考】【国際】UNEPと国際稲研究所、世界のコメ農家の気候変動対応で提携(2017年10月25日)

 コメ農業は、今後、気候変動の影響を受ける。洪水被害にあった水田では稲が腐り、気候変動の原因となるメタンガスを発生させる。それにより世界のコメ生産は、ドイツと同等の二酸化炭素排出量を毎年排出している。気候変動により生産性も著しく低下するため、2050年までのコメの世界需要を満たすためには生産量を25%向上させなければならない。

 対策としては、稲藁を田から除去することでメタンガスの発生量を最大70%抑えられるが、農家の知識不足により実施できていない地域がある。今回のコンソーシアムは、特にコメ依存度の高いアジア諸国に注目。政策、農法、サプライチェーン改善等に乗り出す。

【参照ページ】New consortium to reduce environmental footprint of rice production

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る