【アメリカ】政府、発展途上国にコロナワクチン8000万回分を寄付。2022年末までに10億本生産体制

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は5月17日、6月末までに海外向けに新型コロナウイルス感染症ワクチン2,000万回分を新たに寄付すると発表した。すでに発表していた6,000万回分の寄付と合わせ、合計で8,000万回分となる。寄付すのはアストラゼネカ製ワクチン。  現在、発展途上国へのワクチン供給に関しては、国際スキーム「COVAX」が構築されているが、参画しているワクチンが少なく、発展途上国でワクチン不足が深刻になっている。一方、アメリカで [...]

» 続きを読む

【国際】国連、コロナ・ワクチンの公平な配分でキャンペーン展開。先進国寡占を課題視

Facebook Twitter Google+

 国連は3月11日、新型コロナウイルス感染症ワクチンに関して、世界中に公平なアクセスを要求するキャンペーン「Only Together」を発足した。世界中全ての国で、医療従事者や社会的支援が必要な人からワクチンを受けられるよう国際協調を求めていく。  現在、新型コロナウイルス感染症による死者は世界で250万人を超える。感染防止のためにはワクチンが有効な手段となっており、今後、世界中で前人未到のワクチン接種を展開していく必要がある。   [...]

» 続きを読む

【中国】新型コロナワクチン開発3社、国際分配スキームCOVAXに加盟申請。国際協調アピール

Facebook Twitter Google+

 中国外交部の華春瑩報道官は1月20日、記者会見の中で、中国医薬集団(シノファーム)、シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)の3社が、新型コロナウイルス・ワクチンの国際配分スキームCOVAXに加盟することを申請していることを明らかにした。 【参考】【国際】コロナ禍でワクチンナショナリズム発生。世界経済フォーラム、最も経済合理的なのは国際協調(2021年1月11日) 【参考】【国際】WHO、 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、新型コロナ変異種で人々に落ち着くよう呼びかけ。COVAXはワクチン20億回分の配分確保

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は12月21日、英国で発症が確認され、その後南アフリカでも発症が確認された新型コロナウイルスの変異種について、人々の過剰な反応を抑えるよう呼びかける声明を発表した。  英国で発見された変異種は、9月にケントとグレーター・ロンドンで採取された検体から10月に初めて検出され、12月中旬から急速に英国内で蔓延したとみられている。現在までに英国内で1,500例以上が確認されており、英国外でも [...]

» 続きを読む

【国際】シティグループ、コロナ・ワクチン分配枠組みCOVAXの財務アドバイザーに選任

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米シティブループは11月2日、GAVI、疫病対策革新のための連合(CEPI)、世界保健機関(WHO)の3者が運営する新型コロナウイルス感染症ワクチンの国際的な調達・分配枠組み「COVAX」から、COVAXファシリティの財務アドバイザー(FA)に選任されたと発表した。  COVAXファシリティでは、高・中所得国は自国用のワクチンを有料購入し、その他寄付機関等からの資金も踏まえ、途上国には無償でワクチン供給を行う枠組みで、参 [...]

» 続きを読む

【国際】ファイザーとBioNTech、新型コロナ・ワクチンのフェーズ3臨床で90%以上の有効性確認

Facebook Twitter Google+

 製薬大手米ファイザーと独バイオ製薬大手BioNTechは11月9日、開発中の新型コロナウイルス・ワクチンのフェーズ3臨床試験について暫定結果を発表。被験者数万人に対し、90%以上の確率で感染を防ぐ効果が示されたと公表した。同日のファイザー株価は7.69%、BioNTechの米国預託証券(ADR)株価は13.9%上昇した。両社は、今後も研究を続け、安全性が確認されれば、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請する。 【参 [...]

» 続きを読む

【中国】政府、新型コロナワクチンの国際分配スキームCOVAXに加盟。人口均等配分を期待か

Facebook Twitter Google+

 中国外務省は10月9日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの国際的な調達・分配枠組み「COVAX」に加盟すると表明した。これでCOVAXの加盟国は168カ国となり、未加盟の主要国は米国とロシアのみとなった。  COVAXは、WHO、GAVI、疫病対策革新のための連合(CEPI)の3者が発足。先進国は同プログラムからワクチンを購入し、一方、後進発展途上国92ヶ国は資金援助が得られるという富の配分とワクチン普及を同時に進めるスキームとなっ [...]

» 続きを読む

private 【国際】ファイザーとBioNTech、新型コロナワクチンBNT162の臨床試験を10月末までに完了の見込み

Facebook Twitter Google+

 製薬大手米ファイザーと独バイオ製薬大手BioNTechは9月12日、新型コロナウイルス・ワクチンのフェーズ3臨床試験の被験者を拡大する申請を米食品医薬品局(FDA)に提出した。試験登録患者数を最大4.4万人に拡大し、新たな患者登録ができるようにした。 【参考】【アメリカ】ファイザーとBioNTech、新型コロナワクチンBNT162で安全性・免疫原性確認。フェーズ1臨床(2020年8月25日)  両社の臨床試験への登録は、 (さらに& [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、新型コロナワクチンの国際分配スキームに172ヶ国が参加意向。9ワクチンが参画

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は8月24日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの国際的な調達・分配枠組み「COVAX」に80ヶ国が参加への関心を示したことを表明した。またCOVAXに参加する製薬会社のワクチンもすでに9種が参加し、現在追加で9種が審査中であることも明らかにした。 【参考】【国際】WHO、先進国に新型コロナワクチン供給枠組み「COVAX」への参加要請。指定薬物確保でも協力を(2020年8月20日)  現在、ワクチンの確保について [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、先進国に新型コロナワクチン供給枠組み「Covax」への参加要請。指定薬物確保でも協力を

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、国際麻薬統制委員会(INCB)の3者は8月14日、鎮静剤や鎮痛剤等の指定薬物のサプライチェーン確保を各国政府に求める共同声明を発表した。新型コロナウイルス・パンデミックにより、確保が難しくなるケースが出てくるという。  鎮静剤や鎮痛剤の指定薬物は、緩和ケア、外科的ケア、麻酔、精神疾患、薬物使用障害の治療薬として一般的に使われている。同声明によると、鎮静剤や鎮痛剤は、パンデミッ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る