【国際】UNEP、海洋保護区ガバナンスに関するガイダンス発行。政府関係者や実務家に参照推奨

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は4月2日、海洋保護区(MPA)のガバナンスに関するガイダンスを初めて発行した。海洋保護区は、海洋生態系の保護のため、政府等が設定する海域のこと。設定したMPAのガバナンスについては、各国で違いあり、それに応じて課題も異なる。今回のガイダンスでは、既存のMPAガイダンスを俯瞰して特徴をあぶり出し、対応課題を整理した。  今回のガイダンス作成にあたっては、先進国から発展途上国まで世界34ヶ所のMPAを分析。日本 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、海外領土アセンション島の領海半分を海洋保護区指定。MPA割合50%超に

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は3月14日、英海外領土アセンション島の海域の半分、約39万km2を海洋保護区(MPA)に指定すると発表した。漁業活動を原則禁止し、生態系を保護する。  今回の決定により、英国の海域の50%以上がMPAとなる。現在の国際目標は、生物多様性条約の「愛知目標」が掲げる2020年までに海域に占めるMPA割合を10%以上にするというものだが、英国は大幅に目標を上回る。英マイケル・ゴーブ環境・食糧・農村地域相は2018 [...]

» 続きを読む

【国際】南極海に世界最大の海洋保護区誕生。南極海洋生物資源保存条約で加盟国が合意

Facebook Twitter Google+

 南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)は10月28日、南極のロス海を海洋保護区(MPA)とすることを決定したと発表した。CCAMLRは、1982年に発効した「南極の海洋生物資源の保存に関する条約」に基づき設置された国際委員会。同条約では、特にオキアミとメロの保護を定めており、日本の他、米国、EU、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、アルゼンチン、南アフリカなど25ヶ国・地域が条約に加盟している。 【参 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、大規模な海外領土海域を海洋保護区に指定。100万km²で商業漁業を禁止

Facebook Twitter Google+

 英国の外務・英連邦省は9月15日、英国の海外領土として保有する太平洋及び大西洋の島々の領海及び排他的経済水域(EEZ)において、海洋生態系を保護するため海洋保護区(MPAs)に指定したことを発表した。今回指定の対象となった島は、アフリカ沖大西洋に位置するセントヘレナ島の海域(444,916km²)と、太平洋に位置するピトケアン諸島の海域(840,000km²)。セントヘレナ島の海域では資源採掘が禁止され、ピトケアン諸島の海域では資源 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る