private 【フランス】BNPパリバAM、グローバル株式対象のカーボンフットプリントゼロファンド設定。オフセット活用

Facebook Twitter Google+

 資産運用世界大手仏BNPパリバ・アセット・マネジメントは1月20日、グローバル株式を対象とした新たなESGファンド「THEAM Quant World Climate Carbon Offset Plan」を発表した。ポートフォリオのカーボンフットプリントを、REDD+を得たカーボンオフセットでゼロにすることが特徴。  今回のファンドは、 (さらに…)

» 続きを読む

【オランダ】ロイヤル・ダッチ・シェル、REDD+ビジネスイニシアチブに加盟

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは4月下旬、森林・生物多様性保護のオランダ企業イニシアチブ「REDD+ビジネスイニシアチブ」に加盟した。REDD+は、2013年の国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第19回締約国会議(COP19)で基本的な枠組みが決定された森林保護プログラム。REDD+ビジネスイニシアチブは、企業が自主的に協働し、森林保護を進めるイニシアチブ。  REDD+ビジネスイニシアチブに加盟する企業は、事業運営 [...]

» 続きを読む

【日本】環境省、二国間クレジット制度を利用したREDD+プロジェクト補助事業の公募開始

Facebook Twitter Google+

 環境省は4月17日、日本の二酸化炭素排出量削減のために、二国間クレジット制度(JCM)を通じて、海外での森林保全プロジェクト(REDD+)に参加する事業「二国間クレジット制度を利用したREDD+プロジェクト補助事業」の公募を開始した。募集期間は4月17日から5月19日まで。日本法人と外国法人等で構成され海外でのREDD+プロジェクトを推進する企業であれば応募が可能。  JCM制度とは、発展途上国で二酸化炭素排出量の削減に資する技術、 [...]

» 続きを読む

【国際】IFC、世界初のカーボンクレジット・クーポン付森林債を約165億円発行

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は10月31日、利払い(クーポン)を現金とカーボンクレジットのどちらかまたはその組み合わせで受け取ることを選択できる森林債(Forest Bonds)」を発行した。カーボンクレジットでの利払いを選択できる債券としては世界初。発行額は1億5,200万米ドル(約165億円)。償還期間は5年。債券格付はAAA。金利1.546%または同等のカーボンクレジット。森林債は一般的にはグリーンボンドの一種だが [...]

» 続きを読む

【国際】10ドルの寄付が世界の森林を救う。Code REDDのStand for Treesキャンペーン

Facebook Twitter Google+

現在、世界では48時間ごとにニューヨークの面積に相当する森林が失われているという事実をご存知だろうか。このような現実を知り、一般の人々でも森林破壊と気候変動の抑制に向けたアクションがとれるように、米国に拠点を置くNPOのCode REDDはソーシャルメディアとクラウドファンディングを活用した新しい消費者キャンペーン"Stand for Trees"を開始した。同キャンペーンでは、個人は10ドルで「Stand for Trees」証明書 [...]

» 続きを読む

【ケニア】アメリカ社会企業 ケニアのサバンナ・森林保護に大規模投資

Facebook Twitter Google+

アメリカ・カリフォルニア州に本社を置き、森林保全を手がける企業 Wildlife Works Carbonは、ケニア南東部の森林保護を行う「タイタヒルズ自然保護・持続可能土地利用プロジェクト(以下、タイタプロジェクト)」を開始するため、ルクセンブルグに本部を置く世界的に著名なAlthelia Climate Fundから1000万米ドルの資金提供を受けたことを発表した。タイタプロジェクトは、ケニア南東部に広大に広がる森林・サバンナ地帯 [...]

» 続きを読む
2014/04/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る