【アメリカ】米国トヨタ、水素燃料電池大型トレーラー実証実験を今夏からロサンゼルスで実施 2017/05/05 最新ニュース

 トヨタ自動車の米国統括法人トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)は4月19日、今夏から米ロサンゼルス港で、水素燃料電池を搭載した大型トレーラー実証実験「Project Portal」を開始すると発表した。カリフォルニア州大気資源委員会(CARB)とカリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)も協力する。

 大型車両は、ロサンゼルス港における年間排出量の中でもかなりの割合を占めている。ロサンゼルス港では、2005年から「Air Action Plan」を展開し、ロングビーチ港からロサンゼルスエリア間での二酸化炭素や有害物質の排出量を大幅に削減してきた実績がある。水素燃料電池トレーラーの実用化が進めば、同地域の大気汚染物質の排出削減がさらに可能となる。トヨタ自動車は、幅広い産業にわたって適用可能なゼロ・エミッションを目指す燃料電池技術の普及を試みており、日本でも燃料電池バスの実証実験を実施している。

 実験に使用される車両は、同社の燃料電池自動車「ミライ」2台分の発電力に加え、12kWhのバッテリーと670馬力のエンジンを搭載。一度の水素補充で約320kmの走行が可能。水素燃料電池車両に必要な水素ステーションの設置では、CECが整備に向けた投資を積極的に実施している。カリフォルニア州は温室効果ガス排出量の削減に向け、積極的に化石燃料への依存を減らす取り組みをしており、水素燃料電池車は目標達成に重要な役割を果たすと期待されている。

【参照ページ】Toyota Opens a Portal to the Future of Zero Emission Trucking

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る