【アメリカ】TD Bank、2017米国レストラン業界レポート発行。女性経営者の開業広がる 2017/11/23 最新ニュース

 カナダ金融大手トロント・ドミニオン銀行(TD Bank)は11月6日、米国のレストラン経営者251名を対象に調査したレストラン業界の動向レポートを発行した。過去10年間で女性レストラン経営者が増加してきていることがわかった。

 過去10年以内にレストランを開店した女性は全体の73%であるのに対し、男性は59%。72%の女性経営者が、現在のレストランビジネスの価値は上昇傾向にあり、そのブランドにも自信があると回答した。その割合は男性では65%にとどまった。実際、消費者の一回当たりの支出額が平均20米ドル以上と比較的高くなる回数割合は、女性経営者のレストランでは40%以上がであるのに対し、男性経営者のレストランでは29%う。女性経営者の75%以上が、今後2年間の売上上昇を見込んでるという結果も判明した。

 今後の投資検討では、回答者全体の91%以上が来客数増のために何らかの投資を検討しており、3分の2以上が今後3年から5年以内に新規開店を計画。しかし投資分野では男女経営者で違いが見られ、31%の女性経営者は利便性を高める配達サービスやモバイル注文等、消費者トレンドに合わせた投資を計画しているのに対し、男性は23%に留まった。また、オーガニック食品、スペシャリティ食品等をメニューに加えることを女性経営者の45%が検討しているのに対し、男性経営者は38%と低かった。

 家族との関わりも男女経営者で差がみられた。開業または店仕舞いの際、女性経営者の方が男性経営者よりはるかに高い割合で家族関係を活用する傾向にあることが分かった。24%の女性経営者が、レストランビジネスを開始する際にファミリービジネスに投資、またはフランチャイジーになる道を選択したのに対し、男性経営者の方がオリジナルのコンセプトの具現化や、即金での買収を選択する傾向にある。店仕舞いでは、男女ともにビジネスを家族内に留める傾向は高く、37%が家族が何らかの形でビジネスを引き継ぐと回答した。

【参照ページ】TD Bank Survey Reveals Demographic Shift Occurring in Restaurant Industry

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る