【国際】FSC、森林の経済的価値評価認証「FSC Ecosystem Services Procedure」を発表 2018/05/27 最新ニュース

 森林保護推進の国際NGO森林管理協議会(FSC)は5月22日、森林の経済的価値認証「FSC Ecosystem Services Procedure FSC-PRO-30-006」を策定した。同認証は、森林が果たす生態系保護の経済的価値を定量的に評価することで、生態系保護に経済的インセンティブを与えることが狙い。同認証は8月21日から取得可能となる。

 FSCは、森林保護を適切に行い資源活用するための認証「FSC認証」を長年運営しているが、今回のFSC Ecosystem Services Procedureでは、森林が果たすプラスの役割を定量評価するもの。具体的には、二酸化炭素固定や貯蔵、生物多様性保全、水源がもたらす自然サービス、土壌保全、レクリエーション機能といった森林のあらゆる恩恵を数値化できるようになる。取得可能となる8月までは、希望する森林管理者や認証機関にトレーニングを提供する予定。

 FSCは、今回の認証により、民間企業の投資促進、投資効果の可視化、森林保護インパクトの可視化、インパクト投資の促進などを想定している。

【参照ページ】NEW ECOSYSTEM SERVICES PROCEDURE LAUNCHED TODAY

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る