【タンザニア】政府とWWF、森林破壊や土地劣化の回復活動開始。規模5.2km2。AFR100の一環 2018/09/04 最新ニュース

 タンザニア政府は8月13日、森林破壊や土地劣化が進んだ土地5.2km2を保護、回復させるプロジェクトを発表した。2030年までにアフリカで100万km2、世界全体で350万km2を復活させるイニシアチブ「ボン・チャレンジ」のもとで展開されている「African Forest Landscape Restoration(AFR100)」の一環。世界自然保護基金(WWF)も協力する。

 同プロジェクトでは、ダルエスサラーム州とプワニ州の沿岸部にあるPugu、Vikindu、Kazimzumbwiの森林を回復し、観光業育成を図る。現在、タンザニア森林局が活動をしており、WWFが技術的支援や資金支援を行う。

 タンザニア政府の統計によると、同国では毎年4,6902の森林が消失しており、3年前に比べ消失地域は25%も増加した。さらに国家森林監督評価庁(NAFORMA)の2015年の発表によると、タンザニアで木材不足が発生しており、重要に対する供給不足は最大約2,000万m3。今後も、森林伐採の圧力は増え続けるとみ、対策が必要となっている。

 また、森林破壊、劣悪な農地転換、過放牧、土壌侵食、土壌汚染、生物多様性減衰等による土地劣化面積は、現在国土の13%となる125,000km2。年々、劣化が進行している。

【参照ページ】Tanzania announces historic move to restore 5.2 million hectares of degraded land

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る