【イギリス】環境監査委員会、アパレル小売16社の環境・社会調査結果発表。「現ビジネスモデルは持続不可能」 2019/02/07 最新ニュース

 英下院環境監査委員会(EAC)は1月31日、アパレル小売大手16社を対象に調査した環境及び労働観点でのサステナビリティ対応状況に関する暫定結果を発表。バーバリー、マークス&スペンサー、テスコ、プライマーク等が「Engaged(取り組んでいる)」と高い評価を受けた一方、アマゾンUK、JDスポーツ、スポーツダイレクト等は「Less Engaged(あまり取り組んでいない)」と低い評価を下された。

 EACは、英国のアパレル業界を持続可能なものとするため、大手企業に調査票を送付し、回答結果を公表している。今年は16社が対象となった。評価は、環境や労働分野の国際または英国のイニシアチブへの加盟状況や取組状況を基に行われる。環境観点では、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)、Sustainable Apparel Coalition(SAC)、マイクロファイバー・イニシアチブ、Make Fashion Circular等が、労働観点では、Sedex、Ethical Trading Initiative(ETI)等が用いられている。ベター・コットン・イニシアチブ(BCI)、有害化学物質排出ゼログループZDHC、英国のSustainable Clothing Action Planについても聞かれた。

 16社の評価は、

Engaged(取り組んでいる)

  • バーバリー
  • マークス&スペンサー
  • テスコ
  • プライマーク
  • ASOS

Moderately Engaged(まあまあ取り組んでいる)

  • アズダ
  • Arcadia
  • Next
  • Debenhams

Less Engaged(あまり取り組んでいない)

  • アマゾンUK
  • JDスポーツ
  • スポーツダイレクト
  • カートジェイガー
  • Boohoo
  • Missguided
  • TJX Europe

 
 EACは、今回の結果を受け、「英国ファッション業界の現在のビジネスモデルは持続不可能」と明言し、小売事業者に対応の改善を促した。

【参照ページ】UK fashion retailers failing to commit to reduce environmental impact

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る