【スイス】グレンコア、気候変動対策アクション公表。Climate Action 100+からのエンゲージメント受け 2019/02/25 最新ニュース

 資源採掘世界大手スイスのグレンコアは2月20日、気候変動対応推進の国際機関投資家イニシアチブ「Climate Action 100+」とのエンゲージメントの結果、総合的な気候変動対応アクションを発表した。化石燃料に関する設備投資状況の開示、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿う情報開示、業界団体のパリ協定との整合性調査等が柱。  グレンコアは、金属、原油、石炭、天然ガスでの資源採掘を行うとともに、農作物商社、食品加工、自動車商社、発電、製鉄までを行う巨大企業。そのため、Climate Action 100+から低炭素経済に向けた移行に関するエンゲージメントを受けていた。 【参考】【国際】PRIと機関投資家4団体、企業に気候変動情報開示を要求する「Climate Action 100+」発足(2017年9月29日) 【参考】【国際】投資家大手225機関、世界大手約100社に気候変動情報開示を要求。日本企業も10社(2017年12月24日) 【参考】【国際】機関投資家の気候変動団体Climate Action 100+、エンゲージメント対象企業を61社追加(2018年7月6日) 同社は2017年、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る