【国際】ムーディーズ、Vigeo EIRISを買収。株式過半数取得。業界再編進む 2019/04/16 最新ニュース

 信用格付大手米ムーディーズは4月15日、ESG評価機関Vigeo EIRISを買収し、株式の過半数以上を獲得したと発表した。Vigeo EIRISは、ムーディーズの「投資家サービス」部門の下で事業を続けるが、引き続き本社をパリに置き、ブランド名もそのまま維持する。

 ESG投資が投資のメインストリームになりにつれ、既存の大手プレーヤーとの再編が進んでいる。すでにSustainalyticsが投資信託評価大手モーニングスター傘下に入り、oekom researchもISS傘下となった。

【参照ページ】Moody’s Acquires Majority Stake in Vigeo Eiris, a Global Leader in ESG Assessments

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る