【イギリス】国会、2050年までのCO2排出ゼロ法案を可決。法制化したのはG7で初 2019/07/02 最新ニュース

【イギリス】国会、2050年までのCO2排出ゼロ法案を可決。法制化したのはG7で初 1

 英国会6月27日は、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにすることを法定の政策目標とするため、2008年気候変動法改正法案を可決した。G7諸国の中で、2050年までの排出ゼロを法制化した国は初。今回の法制化以前の法定目標は、2050年までに1990年比80%削減で、そこから大幅に目標を引き上げた。

 英国では、テリーザ・メイ首相の辞任が濃厚となった5月30日、大手企業131社・団体はメイ首相に対し、法制化を要請する共同声明を発出。それを受け、メイ首相は6月12日、法制化すると発表したばかり。わずか2週間で議会提出、可決となった。もともとは、独立行政機関の気候変動委員会が、2050年までの排出ゼロを勧告していた。

 英国は過去、経済を72%成長させながらも二酸化炭素排出量を42%の削減。政府が掲げる「産業戦略」の中心に「クリーンな成長」を据えている。英政府は、これにより、環境の保護や保全に関わる仕事を総称する「グリーンカラー」雇用者数が200万人にまで増加し、低炭素型経済によって輸出される額は2030年までに年間1,700億ポンド(約23兆円)にまで増加する見込みと強調した。

【参考】【イギリス】大手131社・団体、メイ首相に2050年までのCO2排出ゼロ法制化を要請。シェル、エンジー等(2019年6月5日)
【参考】【イギリス】政府、2050年までのCO2排出量ゼロを正式表明。G7で初。今後法制化(2019年6月14日)

【参照ページ】UK becomes first major economy to pass net zero emissions law

著者プロフィール

内藤 志穂

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 リサーチャー

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る