【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表 2019/07/06 最新ニュース

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表 1

 独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は6月28日、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2019年版を発行した。同レポートは2016年から発行しており今年で4回目。162カ国について分析した。

SDG Index 2019

  1. デンマーク(85.2)
  2. スウェーデン(85.0)
  3. フィンランド(82.8)
  4. フランス(81.5)
  5. オーストリア(81.1)
  6. ドイツ(81.1)
  7. チェコ(80.7)
  8. ノルウェー(80.7)
  9. オランダ(80.4)
  10. エストニア(80.2)
  11. ニュージーランド(79.5)
  12. スロベニア(79.4)
  13. 英国(79.4)
  14. アイスランド(79.2)
  15. 日本(78.9)
  16. ベルギー(78.9)
  17. スイス(78.8)
  18. 韓国(78.3)
  19. アイルランド(78.2)
  20. カナダ(77.9)

 上位3位は、多少の順位の入れ替わりはあったが、今年も北欧3カ国が独占した。その後も欧州勢が続く状況も変わらず。日本は昨年と同じく15位だった。

 SDGsの各目標では、状況が芳しくないのは、目標13気候変動、目標14海洋生態系、目標15陸上生態系の3つ。海洋生態系では、162ヵ国で最高評価の「グリーン」を獲得できた国は一つもなかった。日本は、目標4教育、目標9イノベーションでは「グリーン」評価だったが、目標5ジェンダー平等、目標12責任ある消費と生産、目標13気候変動、目標17パートナーシップでは、一番低い「レッド」の評価だった。改善度評価では、目標10不平等では、大きく後退を示す「レッド」評価となった。

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表 2
(出所)SDG Index

 例えば、気候変動に対する政府アクションでは、日本は、中国やインドネシアと並び「非常に不十分だった」と判断された。

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表 3
(出所)SDG Index

【参照ページ】NEW REPORT SHOWS MAJOR LONG-TERM TRANSFORMATIONS ARE NECESSARY FOR ACHIEVING THE SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
【レポート】Sustainable Development Report 2019

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (2)

ページ上部へ戻る