【国際】世界経済フォーラムとETC、重工業セクターの2050年までのCO2ゼロで8つのイニシアチブ発足 2019/09/29 最新ニュース

【国際】世界経済フォーラムとETC、重工業セクターの2050年までのCO2ゼロで8つのイニシアチブ発足 1

 世界経済フォーラム(WEF)と国際環境NGOのEnergy Transitions Commission(ETC)は9月24日、重工業セクターで2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにするためのアクション「Mission Possible Platform」を立ち上げた。

 そのため、トラック輸送業界の「Clean Road Freight Coalition」、海運業界の「Getting to Zero Shipping Coalition」、航空・ジェット燃料業界の「Clean Skies for Tomorrow」、アルミニウム業界の「Aluminium for Climate」、セメント業界の「Clean Cement and Concrete Coalition」、シェアード・電気自動車・自動運転推進の「Circular Cars Initiative」、総合化学業界の「Collaborative Innovation for Low-Carbon Emitting Technologies in Chemicals」、鉄鋼業界の「Net-Zero Steel Initiative」の8つを発足した。各業界で先進企業のCEO等経営陣やNGOが結集し、アクションや政策提言を主導していく。

各々の創設メンバー企業(今回発表)

  • トラック輸送業界:ボルボとScania
  • 海運業界:シティグループ、カーギル、ロイドレジスターグループ、マースク、ロイヤル・ダッチ・シェル、トラフィグラ、Euronav
  • 航空・ジェット燃料業界:エアバス、英ヒースロー空港、KLM、スキポール・グループ、ロイヤル・ダッチ・シェル、SkyNRG、スパイスジェット、ボーイング
  • 総合化学業界:BASF、コベストロ、DSM、SABIC(サウジ基礎産業公社)
  • 鉄鋼業界:Energy Transitions Commission(ETC)
  • シェアード・電気自動車・自動運転:EIT Climate-KICとLeasePlan

【参照ページ】Launch of Climate Action Platform for Delivering Carbon Neutrality in Hard-to-Abate Sectors by Mid-Century

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (7)

ページ上部へ戻る