private 【アメリカ】フェイスブック、高度な「ディープ・フェイク」対策発表。投稿削除基準を設定 2020/01/12 最新ニュース

 IT世界大手米フェイスブックは1月6日、フォトショップ等の加工画像や人工知能(AI)やディープラーニング技術を用いた洗練された加工動画により情報操作を行う「ディープ・フェイク」問題への対応策を発表した。AIを用いた検知を進めるとともに、政府、研究者、業界他社とともに疑わしい投稿アカウントの特定を行う。

 フェイスブックは、偽情報対策を行うため、すでに政府やNGO、研究機関、メディア等を含め50以上の機関との連携体制を敷いている。今回のディープ・フェイク対策も、この連携から生まれたもの。今後40以上の言語で検知し、検知された投稿を削除していく。

 今回削除対象として設定した要件は2つ。まず、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る