private 【アメリカ】EPA、除草剤原料のグリホサートには有害性はないと認定。発がん性否定 2020/02/04 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)は1月27日、除草剤に用いられているグリホサートに関する10年毎の定期レビューを実施した結果、人体及び環境への悪影響はないとの判断を下した。グリホサートについては、発がん性を指摘する見解が世界的に出ているが、EPAは発がん性はないと判断した。

【参考】【アメリカ】EPA、グリホサートの「発がんのおそれあり」ラベル表示を禁止。カリフォルニア州に対抗(2019年8月14日)

 グリホサートに対しては各国で大きく対応が割れている。米連邦政府と同様に、グリホサートの発がん性を否定している国や機関は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る