【中国】百度、滴滴出行、アリババ、レベル4自動運転をリード。グーグル子会社Waymoを越す勢い 2020/08/10最新ニュース

 中国で自動運転タクシーの走行が活発化している。2019年9月には百度の「Project Apollo(阿波羅)」が湖南省の長沙市で、基本的に運転手なしで自動走行する「レベル4」の自動運転を開始。2020年6月からはDidi(滴滴出行)が上海市で同じく「レベル4」自動運転のタクシー走行が開始した。レベル4で本格走行している自動車があるのは世界で米国と中国のみ。同分野はこれまでグーグルがリードしてきたが、中国企業が大きなリーダーシップを発揮するようになってきている。


(出所)経済産業省

 自動運転技術は、…

Links