private 【国際】国連GISD、SDGs達成のファイナンス拡大に向け10個の提言発表。GPIF理事長も参加 2020/08/14 最新ニュース

 国連のGlobal Investors for Sustainable Development alliance(GISD)は7月21日、SDGs(国連持続可能な開発目標)の達成に向けたファイナンスを促進するための提言をまとめたレポートを発表した。

 GISDは、アントニオ・グテーレス国連事務総長に構想し、2019年に10月に発足。国連持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた民間資金の動員を加速するため、グローバル企業のCEO等30人で構成している。GISDの共同委員長は、アリアンツのオリバー・ベイトCEOとヨハネスブルグ証券取引所のレイラ・フーリエCEOが就任。日本からは、10月の発足時には、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)理事兼CIOだった水野弘道氏が委員に選ばれていたが、退任後は、GPIFの宮園雅敬新理事長に委員を交代した。

【参考】【国際】国連、SDGsへの民間資金動員拡大でGISD発足。世界から30人が委員。GPIFから水野CIOも(2019年10月17日)

 今回発表レポートでは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る