private 【中国】広東省発改委、石炭火力の新設・拡張禁止。短期的な価格高騰では中央政府も対応苦慮

Facebook Twitter Google+

 広東省発展改革委員会は9月26日、珠江デルタの中核地域で、石炭火力発電所や、企業所有の発電所の新設・拡張を禁止する通達を出した。同省ではすでにガス火力発電の割合が高くなっているが、さらにガス火力発電や再生可能エネルギーへの転換が進む見通し。  中国では、国家発展改革委員会が8月、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】コンビニ3社、レジ袋辞退率が約30%から80%弱へ伸長。有料義務化の効果

Facebook Twitter Google+

 コンビニ大手3社は、2020年7月からの環境省令改正に伴い、小売業での使い捨てレジ袋の有料化が義務化されたことを受け、削減されたレジ袋のデータを開示した。  セブン‐イレブン・ジャパンでは、有料化前は約30%だった辞退率が約75%に伸長。イトーヨーカドーやそごう・西武を含めたセブン&アイ・ホールディングス全体の辞退率も80%弱となっている。セブン‐イレブン・ジャパンの2020年7月から2021年2月までの使い捨てレジ袋でのプラスチッ [...]

» 続きを読む

private 【日本】ホンダ、 ハイブリッドeVTOLやアバターロボット開発へ。宇宙ビジネスも視野

Facebook Twitter Google+

 本田技研工業は9月30日、同社が進めている技術開発の新分野を発表した。燃焼、電動、制御、ロボティクス技術という同社のコア技術を活用し、同社が掲げる2030年ビジョン「生活の可能性が拡がる喜び」の実現に向け、新分野を切り拓きに行く。  今回発表したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】神戸市と16社、日用品の詰替え用パック回収開始。市内75店舗。マテリアルリサイクル

Facebook Twitter Google+

 神戸市と小売・日用品メーカー・リサイクル事業者16社は9月29日、市内75店舗に消費財のプラスチック製詰替え用パックの回収ボックスを設置すると発表した。マテリアルリサイクルを行い、再生プラスチックを生産する。自治体と小売の大規模なパートナーシップは今回が日本初。回収は10月1日から開始した。  日本では、2022年4月からプラスチックの回収・リサイクルを自治体と企業等の連携して強化することも規定されている「プラスチック資源循環促進法 [...]

» 続きを読む

private 【日本】三菱ケミカルと大和製罐、生分解性紙コップのフタ開発。長期的に支持集めるかは不明

Facebook Twitter Google+

 三菱ケミカルと大和製罐は9月7日、三菱ケミカルの植物由来生分解性樹脂コンパウンド「FORZEAS(フォゼアス)」を使用した生分解性の紙コップのフタ(リッド)を開発したと発表した。大和製罐が成形加工を担当する。  リッドは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】ヤフーとヤマト運輸、非対面発送での梱包代行サービスの実証開始

Facebook Twitter Google+

 ヤフーとヤマト運輸は9月30日、「ヤフオク!」「PayPayフリマ」向け匿名配送サービス「ヤフネコ!パック」で発送する商品を、梱包せずに対象のオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」や宅急便センターに持ち込むだけで、ヤマト運輸が梱包代行し発送を行う実証実験を10月1日から開始すると発表した。  対象期間は10月1日から11月1日まで。まず実証導入を行い、今後のサービス展開を検討する。ヤフーとヤマト運輸は、非対面発送領域の利便 [...]

» 続きを読む

private 【アジア】機関投資家6社、アジアの企業、銀行、規制当局に脱炭素要求。集団的エンゲージメント

Facebook Twitter Google+

 機関投資家世界大手6社は9月29日、アジアの銀行、エネルギー・電力企業、金融当局、エネルギー当局を対象としたカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)での集団的エンゲージメント・プログラム「アジア・トランジション・プラットフォーム(ATP)」を発足した。  ATPの創設メンバーは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】JETROとアマゾン、日本商品の米国への越境ECで提携。中堅・中小企業をサポート

Facebook Twitter Google+

 経済産業省所管の日本貿易振興機構(JETRO)は9月28日、日本の商品の米国への越境ECで、米アマゾンとの提携を発表した。米国のAmazon.com上で優れた日本商品を特集する「JAPAN STORE」を11月に開設する。事業は2023年3月末まで。Amazon.comの利用者数は、月間4.7億人。  今回の事業対象となる「日本商品」とは、「日本で製造された日本企業の商品」もしくは「一部の商品分野においては、日本企業および在米日系企 [...]

» 続きを読む

private 【日本】住友不動産、今後開発の全ての分譲マンションを「ZEH-M Oriented」規格。最も低い水準の規格

Facebook Twitter Google+

 住友不動産は9月28日、今後開発する全て分譲マンションを「ZEH-M Oriented」規格にすると発表した。「ZEH-M Oriented」は、高い基準の強化外皮基準(断熱性能)で、省エネによる一次エネルギー消費量が現行の省エネ基準値より20%高い基準に設定されている規格。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る