【イギリス】政府、SNSやメッセージアプリに刑事責任方針。児童虐待やテロリスト投稿対応で

Facebook Twitter Google+

 英内務省とデジタル・文化・メディア・スポーツ省とは4月8日、オンライン・メディアやソーシャルメディアの社会的な安全性を確保するため、新法を定める方針を発表した。ITサービス及びソーシャルメディア企業に対し、ユーザーに対する「保護義務」を課し、違反企業には罰金を科す。さらに監督のための独立当局も新設する方針。今後、パブリックコメントを募集する。  今回の新法は、テロリストや未成年の性的搾取や児童虐待に関するユーザー投稿に対処する義務を [...]

» 続きを読む

【国際】気候変動対応と経済成長に関するポジティブな投稿が過去3年で700%増

Facebook Twitter Google+

 COP21が開催された2015年は、気候変動への対応は経済成長を妨げるものではなく、むしろ促進するものだという考えが世界中に広まった年となったようだ。気候変動と経済成長の関係について分析している国際イニシアチブのNew Climate Economy(以下、NCE)の調査によると、ソーシャルメディア上における気候変動対応と経済成長に関するポジティブなメッセージ発信は過去3年間で7倍に増加したことが分かった。  NCEはコロンビア、エ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】DELLと米国赤十字社、ソーシャルデータを活用した災害救援活動に向け協働

Facebook Twitter Google+

 米IT大手のDELLが、自社の強みを活かしたユニークなCSRを展開している。4月20日、米国赤十字社はDELLと提携し、カリフォルニア州サンノゼに3つ目のデジタル・オペレーション・センターを開設した。このセンターの主な役割は、ソーシャルメディアやソーシャルデータ(Twitterやブログ、Facebookなどのソーシャルメディア上に生活者が投稿したデータ)を活用しながら災害時の人道支援を円滑に行うことだ。  米国赤十字社はDELLの協 [...]

» 続きを読む

【国際】10ドルの寄付が世界の森林を救う。Code REDDのStand for Treesキャンペーン

Facebook Twitter Google+

現在、世界では48時間ごとにニューヨークの面積に相当する森林が失われているという事実をご存知だろうか。このような現実を知り、一般の人々でも森林破壊と気候変動の抑制に向けたアクションがとれるように、米国に拠点を置くNPOのCode REDDはソーシャルメディアとクラウドファンディングを活用した新しい消費者キャンペーン"Stand for Trees"を開始した。同キャンペーンでは、個人は10ドルで「Stand for Trees」証明書 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Cause(大義)とPurpose(目的)の違いは何か?

Facebook Twitter Google+

近年では特定の商品・サービスの購入を売上の一部の寄付などを通じて環境保護や社会貢献活動などの”Cause”(社会的大義)と結びつけることで拡販を実現しようとする「コーズ・マーケティング(コーズ・リレーテッド・マーケティング)」が徐々に一般的になってきているが、一方でその手法の限界について指摘する声なども挙がっている。 実際には"Cause"は価格面のハンディキャップを覆すほどのフックにはならないという声や、安易なコーズ・マーケティング [...]

» 続きを読む

コーズマーケティング(Cause Marketing)

Facebook Twitter Google+

コーズマーケティングとは?  コーズマーケティングとは、特定の商品・サービスの購入が寄付などを通じて環境保護や社会貢献に結びつくことを消費者に訴求することで、商品・サービスの販売促進、製品ブランドや企業のイメージアップを狙う手法のことを指します。  Cause(コーズ)とは「社会的大義」を意味しており、Cause Related Marketing(コーズ・リレーテッド・マーケティング)と呼ばれることもあります。企業による一般的な寄付 [...]

» 続きを読む
2015/02/07 辞書

【イギリス】サステナビリティ報告を価値創造に結び付けるための鍵は透明性

Facebook Twitter Google+

「多くの企業が、サステナビリティ報告書の作成に費やしている時間や資源に見合った価値を報告書から生み出せていない。」そんな最近の傾向に警鐘を鳴らしたのは、ロンドンに本拠を置くサステナビリティ戦略コンサルティング会社のSustainAbilityだ。 SustainAbilityは昨年12月に公表した”See Change How Transparency Drives Performance”というレポートの中で、現状多くの企業がサステ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GAPのブランドOld Navy、女性向けプラスサイズジーンズの価格設定が批判の的に

Facebook Twitter Google+

米国アパレル大手のGAPが展開するブランド”Old Navy”が、同ブランドの販売していた女性用プラスサイズ商品の価格が過剰に高く設定されているとして消費者らから批判を浴びていた問題で、批判者らはOld Navy側から一定の譲歩を勝ち取った。 Old Navyは価格自体の変更は表明していないものの、既に12月初旬からオンラインで販売されていたプラスサイズ商品の店頭での返金受付を開始している。それまでは、返品を希望する購入者は商品を返送 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】デジタル時代における統合報告の最新トレンド

Facebook Twitter Google+

企業向けレポーティング・ソリューション大手のWorkviaが、先月11月に出版された統合報告の最新トレンドに関する書籍”The Integrated Reporting Movement: Meaning, Momentum, Motives, and Materiality”の中で、世界の統合報告におけるIT・デジタル活用トレンドを分析し、同社の知見とともにナレッジを提供している。 WorkviaはFortune500社のうち60% [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Corktown Seedがステークホルダーの関心を測るITツールを開発

Facebook Twitter Google+

アメリカのマーケティング支援会社Corktown Seedは、企業がステークホルダーの関心を測るための調査ツール「Good Measure」をリリースした。Corktown Seedは従来「顧客の声」を取り入れたブランディングや製品開発のコンサルティングを得意としている会社。今回、彼らが持つ顧客理解のノウハウが、サステナビリティの分野に応用されている。 Good Measureは、ステークホルダーに対してアンケート調査を行い、その回答 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 最新ニュース
ページ上部へ戻る