private 【日本】豊田通商、ジップラインと戦略提携。東アフリカのドローン物流技術を日本で展開

Facebook Twitter Google+

 豊田通商は3月30日、米ジップライン・インターナショナルと、日本市場でのドローン物流サービスの社会実装で戦略業務提携契約を締結したと発表した。ジップライン・インターナショナルは、ルワンダとガーナで広域医療品配送でドローンの社会実装を確立。アフリカで成長したリープフロッグ型技術が日本に持ち込まれる事例となった。  ジップライン・インターナショナルは現在、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】大統領、連邦政府での中国・ロシア製のドローン使用を事実上禁止する大統領令署名

Facebook Twitter Google+

 米ドナルド・トランプ大統領は1月18日、米連邦政府が、中国、北朝鮮、ロシア、イラン製のドローン(UAS)を調達することを事実上禁止する大統領令に署名した。トランプ大統領は1月20日に任期を迎えるが、その直前に安全保障上の理由で敵国のドローン調達を封じ込めた形となった。  今回の大統領令は、敵国として、中国、北朝鮮、ロシア、イランを指名。さらに商務省によって決定されるとした。そして、敵国内の企業が製造したドローン、敵国内の企業が製造し [...]

» 続きを読む

private 【中国】ドローン大手DJI、災害救助でのドローン活用推進で業界団体発足。作業規範も策定

Facebook Twitter Google+

 ドローン開発世界大手中国の大疆創新(DJI)は9月23日、ドローンを代表とする無人航空機(UAV)を自然災害や遭難救助で活用していく業界連盟「大疆応急救援連盟」を発足し、救助現場での作業規範「大疆応急救援連盟作業規範」を発行した。発足時に中国の26省をカバーする32社が加盟し、加盟機関のライセンス保有ドローン操縦士は約200人となった。  中国では近年、自然災害や事故が発生するたびに、ドローンによる災害救助活動が大きく進展してきてい [...]

» 続きを読む

【サウジアラビア】サウジアラムコの石油施設がドローン攻撃受ける。世界の石油市場混乱

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界最大手であるサウジアラビア国有サウジアラムコの2つの原油採掘施設が、ドローン10機による攻撃を受けた。同攻撃に伴う火災により同国の原油生産能力の約半分、世界の1日当たり原油供給の5%が影響を受け、混乱が生じた。  同国内務省は火災はすでに収まり、今回の攻撃について調査中と述べたが、Al-Masirah通信は今回の攻撃がイエメンの親イラン過激派武装組織フーシによるものだと報じている。一方、米マイク・ポンペオ国務長官は、同 [...]

» 続きを読む

【ケニア】アリババクラウド、ケニア政府にAI、IoT、ドローン技術等提供。国立公園での野生生物保護

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手中国アリババのクラウドサービス子会社アリババクラウドは9月19日、ケニヤでの野生生物保護を支援するため、ケニア観光・野生生物省と戦略的提携を締結したと発表した。第一弾のプロジェクトとして、ケニア最古かつ最大の野生生物保護区、ツァボ・イースト国立公園とツァボ・ウェスト国立公園で、絶滅の恐れが高い象やサイ、ライオンの保護を検討しており、クラウド技術、人工知能(AI)、IoT技術をアリババクラウドが提供する。  アリババクラウ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】サステナビリティの未来を形作る9つのテクノロジー

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMで再生可能エネルギー担当マネジャーを務めるRob Threlkeld氏が、同社の運営するオンラインメディアのFastLane上で、"9 Technologies Shaping the Future of Sustainability(サステナビリティの未来を形作る9つのテクノロジー)"と題して、近年の注目すべきサステナビリティ関連テクノロジーを紹介している。  Threlkeld氏は、今やテクノロジーはコミュニ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る