private 【国際】バーゼルⅢの導入が1年延期。新型コロナへの信用収縮懸念に対応。安定調達比率も

Facebook Twitter Google+

 バーゼル銀行監督委員会の上位機関である中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループ(GHOS)は3月27日、新型コロナウイルス・パンデミック対策として、バーゼルⅢ基準の導入を1年間延期し、2023年1月1日とすることを決定した。関連したアウトプット・フロアの経過措置についても2028年1月1日まで1 年間延長される。  バーゼルⅢは (さらに…)

» 続きを読む

【国際】バーゼル銀行監督委員会、バーゼルⅢ安定調達比率NSFRの技術的改訂を実施

Facebook Twitter Google+

 バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は6月29日、「バーゼルⅢ安定調達比率(NSFR)」の技術的改訂を定めた最終文書「バーゼルⅢ:安定調達比率(NSFR)における異例な金融政策オペレーションの取扱い」を公表した。同委員会は2017年12月に技術的改訂案を公表し、集められたパブリックコメントを踏まえ、今回の改訂を実施した。即日施行された。  安定調達比率(NSFR)とは、「利用可能な安定調達額(資本+預金・市場性調達の一部)」を「所要安 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る