private 【アメリカ】欧米機関投資家4900兆円、CO2排出多い47社に気候変動ロビー活動に関する情報開示要求

Facebook Twitter Google+

 欧米の機関投資家複数は10月26日、二酸化炭素排出量の多い米大手47社のCEO及び取締役会議長に対し、気候変動に関するロビー活動の状況を公表するよう求める共同書簡を送付した。パリ協定遵守に反するロビー活動をしている企業を浮き彫りにする狙い。参加した機関投資家の運用資産合計は47兆米ドル(4,900兆円)。  今回の共同書簡に参加した機関投資家は、 (さらに…)

» 続きを読む

【オーストラリア】BHP、気候変動ロビー活動見直しと文化遺産保護の株主提案を受諾。10月に決議へ

Facebook Twitter Google+

 オーストラリアESG投資推進NGOのACCR(オーストラリア社会的責任センター)は8月13日、資源世界大手英豪BHPに対し、気候変動の観点によるロビー活動や業界団体加盟の見直しと、文化遺産保護のために先住民族の「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意(FPIC)」の徹底の2点を求める株主提案を提出した。BHPは即日受け入れを表明し、10月に開催される同社の株主総会で決議されることが決まった。  ロビー活動及び業界団体に関する [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバCEO、加盟業界団体に気候変動1.5℃目標に即したロビー活動要求

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバのアラン・ジョープCEOは6月5日、同社が加盟する業界団体やビジネスグループに対し、各団体の気候変動関連のロビー活動方針がユニリーバの1.5℃目標に即しているか否かを明らかにするよう求める公開書簡を発表した。同社の目標と反するロビー活動を行っている業界団体やビジネスグループに方針転換を促す狙いがあるとみられる。  ジョープCEOは、気候変動は私達が直面している最も大きな課題とし、気候変動緩和に向け重要とな [...]

» 続きを読む

【アメリカ】シティグループとゴールドマンサックス、株主総会でロビー活動支出額開示可否を決議

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米シティグループとゴールドマン・サックスがロビー活動に関する情報開示を株主から強く求められている。英フィナンシャル・タイムズ紙が4月4日報じた。両社とも連邦政府レベルのロビー活動の支出総額については開示しているが、加盟している業界団体や州レベルのロビー活動支出額については開示していない。金融機関が政策にどう関与しているのか。株主が状況把握に乗り出している。  近年、米国では、大企業によるロビー活動に関する情報開示が進んで [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る