【日本】東京圏の住宅資産価値は今後30年間で最大3割以上下落。東京都市大学教授ら試算

Facebook Twitter Google+

 東京都市大学は3月31日、都市生活学部の宇都正哲教授が、2015年から2045年の30年間で、東京圏の住宅資産価値が、最大約40兆円下落する可能性があることを明らかにしたと発表した。人口減少による住宅資産デフレにより、比較的リスクが低いとみられる東京圏でも資産下落の危険があるとした。  今回の研究では、東京圏の住宅資産を市町村単位で合算。その総額が2045年までにどれほど増減するかを試算した。住宅資産は、住宅地面積と住宅地平均地価の [...]

» 続きを読む

【日本】東京都、FC4Sに加盟。香港、上海、深圳、ソウルに約1年遅れる

Facebook Twitter Google+

 サステナブルファイナンスを推進する世界都市ネットワーク「サステナビリティのための金融センター(FC4S)」は6月4日、東京都が25番目の加盟都市になったと発表した。FC4Sは2018年8月に発足。すでに、香港、上海、深圳、韓国・ソウルが発足当初から加盟していたが、東京都は約1年遅れての加盟となった。 【参考】【国際】FC4S(サステナビリティのための金融センター)発足。世界17都市加盟。東京は不参加(2018年8月20日) 【参考】 [...]

» 続きを読む

【日本】三菱UFJフィナンシャル・グループ、環境・人権方針制定。石炭火力発電にも言及

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループは5月15日、グループの事業基本方針となる「MUFG環境方針」と「MUFG人権方針」を制定。同時に、2つの基本方針のもと、環境・社会配慮を実現するための枠組みとして、「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」も制定した。7月1日から適用を開始する。  MUFG環境方針は、これまでの「MUFG グループ環境理念」「MUFG グループ環境方針」「MUFG 環境に関する行動方針」「生物多様性保全活動に関 [...]

» 続きを読む

【日本】東京都、初のグリーンボンド発行。5年債100億円、30年債50億円、豪ドル建100億円

Facebook Twitter Google+

 東京都は10月20日、機関投資家向けの「東京都グリーンボンド(機関投資家向け)」の発行条件を決定した。また10月26日、個人向け外貨建ての「東京都グリーンボンド(外貨)」の発行額を決定した。  東京都グリーンボンド(機関投資家向け)は円建て5年債と円建て30年債の2種類。まず、5年債は発行額100億円で表面利回りは0.02%。一方、30年債は発行額50億円で表面利回りは0.982%。双方とも今年10月31日に発行される。格付はS&P [...]

» 続きを読む

【国際】世界主要都市の水環境ランキング、東京は25位と低迷。その理由は

Facebook Twitter Google+

 エンジニアリングやインフラストラクチャのコンサルティングを手掛けるオランダのアルカディス(Arcadis)社は5月16日、世界主要都市の水資源環境から見た住みやすさを分析し、格付及びランキング「Sustainable Cities Water Index」を発表した。この格付では、「水供給の強靭さ」「水供給の効率」「水質」の3つの分野26項目で評価を行い、その総合得点でランキング付を行った。各項目の指標は、他の国際機関やNGO、企業 [...]

» 続きを読む

【1/29 東京・CSRセミナー】第4回東洋経済CSRセミナー「投資にCSR情報は必要か?」を開催!

Facebook Twitter Google+

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を4月から定期的に開催しています。今回はこれまでご要望の多かったCSR情報(ESG情報)の株式投資などへの活用について考えていきます。 日本版スチュワードシップ・コード、統合報告、などCSR情報(ESG情報、非財務情報)を活用して株式投資しようという動きが広まっています。一方で個人投資家をはじめ一般にはまだまだCSR情報と株式投資などとは結びにくいのが [...]

» 続きを読む

【1/22 東京・セミナー】東洋経済CSR新春特別セミナー「しなやかな強さを持つレジリエント・カンパニー」を開催!

Facebook Twitter Google+

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を4月から定期的に開催しています。今回は2015年にCSRでも注目を集めると予想される「レジリエンス」に関する新春特別セミナーを企画しました。 2015年、ビジネス界の最もホットなキーワードの一つは「レジリエンス」です。回復力、適応力、しなやかさを意味するこの言葉は、昨今、企業の組織論においても注目されています。単なる「危機管理の手法」を超え、時代の変 [...]

» 続きを読む

【東京・研修】環境省「企業向け環境経営力研修 – 価値創造の環境経営実践講座」受講者募集

Facebook Twitter Google+

環境省とEcoLeaDは、企業において環境経営の実践により新たな価値を創出し、経済社会のグリーン化をリードする人材の育成を目指して、各分野の第一人者を講師として迎えた最先端の研修を開催いたします。研修は、「経営者層」及び「管理職」を対象とした2講座がございます。 「攻めの環境経営」で新たな価値創造を目指す企業はぜひご参加ください! 募集概要 講座1「経営者層向け」環境経営力研修「価値創造の環境経営実践講座」】 日時:平成27年3月13 [...]

» 続きを読む
2014/12/18 行動する

【Sustainable life】原宿キャットストリートをクリーンアップするCATs

Facebook Twitter Google+

Sustainable Japanは今回、東京・原宿のキャットストリートでクリーンアップ活動に取り組んでいる人々"CATs"に会い、彼らの活動の内容に迫ってみました。 お洒落なセレクトショップやカフェが集まる原宿のシンボル、キャットストリート。そこに集まる人々のほとんどは、ショッピングを楽しむ人々や商売をしている人々です。しかし、CATsがそこに集まる理由は、買い物でも商いでもなく、クリーンアップ。大学生やショップ店員など様々な人が協 [...]

» 続きを読む
2014/11/30 事例を見る

【9/11 東京】企業人のための「都市の中の自然保護活動 現場体験&セミナー」を開催!

Facebook Twitter Google+

現在、様々な企業がCSRや研修の一環として、植樹や清掃などの活動をされていますが、植樹などでは遠方の活動も多く、継続が難しいとの声も聞かれます。自然保護=植樹とも考えられがちですが、現実としては木を植える活動よりも、緑地の手入れ作業のニーズが高いと言えます。 そこで今回は都心の公園で活動する自然保護団体の活動について、企業単位でどのような支援が出来るのか、実際に現場を体験し、各社がCSRや研修等で実施されている現状について学びます。C [...]

» 続きを読む
2014/09/02 行動する
ページ上部へ戻る