【日本】セブン-イレブン、弁当見切り販売の実証テスト開始。セブンカフェ・ストローも生分解性や紙製に切替

Facebook Twitter Google+

 セブン‐イレブン・ジャパンは10月30日、食品ロスを削減するため、販売期限の迫った弁当等の購入者に対し、nanacoボーナスポイントを付与する実証テストを同日より開始すると発表した。対象店舗は、北海道内のセブン‐イレブン1,010店舗と四国4県のセブン‐イレブン351店舗。  販売期限の迫った食品の値引き販売は「見切り販売」と呼ばれる。同社は従来、価格を維持することが、顧客の信頼を得ることとして、加盟店に対し見切り販売を許してこなか [...]

» 続きを読む

【日本】カネカ、グリーンボンド50億円発行。生分解性プラスチックPHBHの生産設備増強

Facebook Twitter Google+

 カネカは8月26日、グリーンボンドを50億円発行すると発表した。年限は5年。資金使途は、生分解性プラスチック「PHBH」の製造設備および研究開発投資。日本の化学メーカーによるグリーンボンド発行は今回が初。  グリーンボンドの発行では、気候変動に関するものが多かったが、今回の発行は、主に海洋プラスチック問題に対応するためのもの。同社が開発したPHBHは、海水中で生分解しやすい機能が特徴。植物油などのバイオマスを原料とし、微生物発酵プロ [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会を設立。ISO等目指す

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月22日、「海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会」を設立したと発表した。同省は5月、海洋生分解性プラスチックの普及に向け今後の主な課題と対策を取りまとめた「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」を策定しており、今回の委員会では、2020年代初頭にISO等で国際標準を提案することを目指す。  同省は、「廃棄物の適切な管理が何より重要であることを前提に、3R(リユース、リデュース、リサイクル)の着 [...]

» 続きを読む

【日本】セブン&アイHD、セブンカフェで生分解性プラスチック導入。カネカPHBH

Facebook Twitter Google+

 セブン&アイ・ホールディングスは4月15日、2019年秋頃からセブン-イレブン等で販売する「セブンカフェ」用のストローを生分解性プラスチックを導入すると発表した。全面切り替えか、一部導入かは、プレスリリースでは明かさなかった。製品は、カネカの「カネカ生分解性ポリマーPHBH」を採用した。  PHBHは、海水中で生分解する。原料は、微生物が植物油を摂取しポリマーとして体内に蓄えたものを抽出したもの。微生物を培養して生産され、自然界で微 [...]

» 続きを読む

【日本】京急グループ、プラスチック製ストローを生分解性プラに全面切替。三菱ケミカル製

Facebook Twitter Google+

 京浜急行電鉄(京急電鉄)は3月25日、同社を中核とする京急グループ各社で4月1日から、プラスチック製ストローを植物由来の生分解性プラスチックに全面的に切り替えると発表した。三菱ケミカルの「BioPBS」を採用する。  京急電鉄は、2月に神奈川県の「かながわプラごみゼロ宣言」に県内に事業所がある京急グループ全社が賛同。神奈川県内の主要駅にて、オリジナルエコバッグの配布を行う等の啓発活動を実施してきた。今回の取り組みは「プラごみ削減運動 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る