【EU】欧州委員会、農薬使用を禁止・制限するEU指令執行が不徹底と指摘。加盟国モニタリングを強化

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月10日、農薬による健康・環境への悪影響を軽減するためにEU加盟国が講じるべき措置の進捗状況をまとめた報告書を発表した。同報告書は、農薬の空中散布、一般市民への情報開示、専門家への指導等幅広いテーマでEU加盟国の状況を評価。現行の農薬の持続可能な使用に関するEU指令の執行が不十分だと結論づけた。  現行のEU指令は、農薬の空中散布については、一部例外的な使用を除き、全EU加盟国で禁止されており、公共の公園やスポーツ施 [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドへの融資を禁止

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは10月11日、低炭素社会への移行を推進するため、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドの採掘、輸送、生成、流通、小売、貿易を主業務とする企業に関連するビジネスへの融資を禁止すると発表した。同資源のパイプライン、LNGターミナルに関するプロジェクトへの融資も同様に禁止する。さらに、北極圏での石油ガス開発に関するプロジェクトへの融資も禁止する。  今回の決定の背景について同社は、パリ協定で国際合意に至った [...]

» 続きを読む

【ベトナム】ハノイ市政府、2030年までに自動二輪車走行を全面禁止。渋滞・大気汚染対策

Facebook Twitter Google+

 ベトナム首都ハノイ市政府は7月4日、2030年までに自動二輪車の走行を全面的に禁止することを決めた。自動二輪車走行が、大気汚染や渋滞の大きな原因になっているとして、ハノイ市議会の役割を果たす人民評議会議員96人のうち、95人が賛成に回った。  ハノイでは二輪車が最も一般的な交通手段となっており、街には二輪車が溢れかえっている。さらにハノイ市域は人口増加が激しく、市政府は今後3年間でハノイ市域の二輪車は600万台にまで増加すると見立て [...]

» 続きを読む

【中国】国務院、象牙の商業取引を2017年末までに全面禁止

Facebook Twitter Google+

 中国政府の国務院(内閣に相当)は12月29日、中国国内での象牙の商業取引を全面的に禁止する命令「国務院弁公庁関於有序停止商業性加工銷售象牙及製品活動的通知」を発表した。2017年末に国内での商業取引が一切禁止される。  象牙製品で使用される象牙は世界的にアフリカゾウのものが多い。高単価で取引されているアフリカゾウは密猟が絶えず、1989年に絶滅危惧種の国際取引を規制するワシントン条約に登録され、それ以降国際的な輸出入が原則禁止されて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オバマ政権、米国領北極海海域での石油・ガス採掘を5年間禁止

Facebook Twitter Google+

 任期満了が近いオバマ政権は11月18日、北極海地域にある米国領大陸棚での石油とガス採掘を来年から5年間禁止することを決めた。今回の措置は、連邦政府の米国外部大陸棚(OCS: Outer Continental Shelf)を含むオフショア地域の開発管理を担当する内務省海洋エネルギー管理局(BOEM)の「米国OCS石油・ガスリース・プログラム」の一環。OCSとは、国際法で認められた米国領の大陸棚でありながらも、どの州にも属していない地 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】ビクトリア州政府、水圧破砕や炭層ガス採掘を恒久的な禁止を発表

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア・ビクトリア州政府のアンドリュー首相は8月30日、ビクトリア州全土において水圧破砕や炭層ガス(オーストラリアではコール・シーム・ガスと呼ばれる)といった新しい手法による炭鉱の開発を恒久的に禁止することを明らかにした。今年中にビクトリア州政府議会での法整備を目指す。アンドリュー首相は19万人が従事する農家の健康リスクや環境保護を理由として挙げた。ビクトリア州では州民から州議会に対して調査を要請する嘆願書が約1,600通寄 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る