【国際】UNFCCC、気候関連資金援助ポータルサイトClimate Finance Data Portalを改修。ビジュアル性改善

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は11月27日、発展途上国向けの気候変動関連資金援助・ファイナンス情報のポータルサイト「Climate Finance Data Portal」を改修したと発表した。  同ウェブサイトは、気候変動ファイナンスの国際的仕組みである地球環境ファシリティ(GEF)、緑の気候基金(GCF)、適応基金(AF)の3つのプロジェクト情報をまとめている。今回の改修では、ビジュアル性を向上するとともに、GCF [...]

» 続きを読む

【国際】緑の気候基金GCF、資金供与額が46億米ドルに到達。途上国の気候変動対策

Facebook Twitter Google+

 緑の気候基金(GCF)は10月21日、第21回理事会を開催し、発展途上国での気候変動対応のため19件の新規プロジェクトに合計10.4億米ドル(約1,200億円)投融資することを決定した。さらに共同ファイナンスとして他の金融機関からも42.4億米ドル(約4,800億円)の資金も動員した。これでGCFのファイナンス額は、合計93件46.05億米ドル(約5,200億円)となった。  今回決定した対象案件には、アフリカでの金融システム改革、 [...]

» 続きを読む

【国際】緑の気候基金GCF、資金供与額が37.3億米ドルに到達。途上国の気候変動対策

Facebook Twitter Google+

 緑の気候基金(GCF)は3月1日、第19回理事会を開催し、プロジェクト23件を新たに承認し、総計10億9,350万米ドル(約1,200億円)の資金供与を決定した。これにより資金供与の合計は76件、37億3,020万米ドルとなった。緑の気候基金は、気候変動枠組条約(UNFCCC)に基づき2011年に設置された多国間ファンド。発展途上国の気候変動緩和と気候変動適応に50%ずつの割合で資金供与することを目指しており、2015年から支援を開 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オバマ前大統領、任期終了3日前に「緑の気候基金」へ5億ドル拠出

Facebook Twitter Google+

 米国のオバマ前大統領は任期終了3日前の1月17日、パリ協定の実現を後押しする目的の気候変動対策ファンド「グリーン・クライメイト・ファンド(緑の気候基金)」に2回目となる5億米ドルの拠出を実施した。今回の拠出は、約10万人の市民と国際環境NGO350.orgやフレンズ・オブ・アース等がオバマ政権に提出していた嘆願書を受けたもので、1回目と同様に国会の承認は必要とされず、オバマ氏の裁量で決定された。  「グリーン・クライメイト・ファンド [...]

» 続きを読む

【ベトナム】ベトナム政府、COP21にて緑の気候基金に100万米ドル拠出を表明

Facebook Twitter Google+

 開発途上国の中にも、気候変動に対して自ら積極的に投資しようという動きが出てきている。ベトナムのグエン・タン・ズン首相は12月4日、パリで開催中の国連気候変動会議(COP21)の中で、緑の気候基金(Green Climate Fund、以下GCF)に100万米ドルの拠出を表明した。これにより、ベトナムは同ファンドへの出資に名乗りを上げた43か国の一つとなった。  首相は「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)や京都議定書に基づく義務を果 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る