【日本】マクドナルド、MSC CoC認証取得。フィレオフィッシュに海のエコラベル表記。環境負荷も削減

Facebook Twitter Google+

 日本マクドナルドは10月28日、人気メニュー「フィレオフィッシュ」で、国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)が管理している持続可能な漁業認証「MSC CoC認証」を取得したと発表した。日本で販売するフィレオフィッシュのパッケージにMSCの「海のエコラベル」が表示する。  今回同社は、メイン食材であるスケソウダラの冷凍工程を、従来の「2回」から「1回」に変更し、漁獲した魚を素早く加工冷凍し、日本の店舗でフライされるまで凍ったまま届く [...]

» 続きを読む

【国際】MSC、発展途上国の漁業事業者向け1.5億円ファンドを創設。サステナビリティ向上図る

Facebook Twitter Google+

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は10月29日、小規模漁業事業者や発展途上国の漁業事業者を対象としたサステナビリティ・ファンドを100万ポンド(約1.5億円)規模で発足した。経営資源の乏しい漁業事業者では、資金不足から長期的な持続可能な漁法への転換が遅れがち。今回資金を提供し、事業手法の転換を促していく。  MCSは、2020年までにMSCプログラムを世界漁業事業者の20%に拡大し、2030年までには33%までさらに拡大する [...]

» 続きを読む

【国際】漁業認証MSC、世界漁業水揚量に占める割合が12%に向上。今後も増加見込み

Facebook Twitter Google+

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は10月18日、2017年度の年次報告書を発表。今年はMSC創設20週年。年次報告書には、20年間の道のりと今後の展望に関する内容も盛り込んだ。 (出所)MSC  MSC認証には、漁業事業者が対象の「漁業認証」と加工・流通事業者が対象の「CoC認証」の二つがある。昨年度の漁業認証新規取得事業者は49。これにより漁業認証取得事業者数は34ヶ国315事業者となり、世界の漁業水揚量全体に占める割合 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】西オーストラリア州の真珠生産協会、真珠では世界初となるMSC認証取得

Facebook Twitter Google+

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は9月6日、オーストラリア真珠生産者協会(PPA)が真珠貝漁業としては世界初となるMSC認証を取得したと発表した。SCSグローバル・サービスが認証審査を行った。  オーストラリア真珠生産者協会は、西オーストラリア州・エイティー・マイル・ビーチ沖を主な拠点とし、150年の歴史を誇る。真珠生産を目的とした世界唯一の天然真珠貝漁業。ここで採れた真珠は、日本や香港、欧米にも輸出されている。西オーストラ [...]

» 続きを読む

【イギリス】北海産タラ、漁獲量制限により資源量が大幅に回復。数年内にMSC認証取得の兆し

Facebook Twitter Google+

 長年過剰漁獲により枯渇が危惧されてきた北海産タラ。しかし近年資源量の回復が確認され、国際漁業NGO海洋管理協議会(MSC)が管理するMSC認証取得の可能性が見えてきた。審査を通過すれば、北海産タラは初めてMSC認証の対象業種となる。タラは英国料理の代名詞「フィッシュ・アンド・チップス」の貴重な原料。  タラの北海での資源量は、ピーク時の1970年代には27万tの成魚が確認されたが、2006年にはわずか4.4万tにまで大幅に減少。しか [...]

» 続きを読む

【国際】漁業認証MSC、海藻基準や餌混入基準、労働慣行など新6プログラムについて意見募集

Facebook Twitter Google+

 持続可能な漁業を推進しているNGO海洋管理協議会(MSC)は3月15日、MSCが2017年に実施するプログラム内容について、幅広いステークホルダーからの意見募集を開始した。締切は4月30日。MSCは国際的な漁業認証(MSC認証)を発行している機関であり、今年のプログラム内容には認証制度の改定も含まれている。今年の活動方針やプログラム内容はオンライン上で閲覧でき、意見募集はオンライン上やEメールで送ることができる。 【参考】持続可能な [...]

» 続きを読む

【タイ】タイ・ユニオン、2020年までにまぐろ調達75%でMSC認証並み基準を取得すると宣言

Facebook Twitter Google+

 水産加工世界大手、ツナ缶世界最大手のタイ・ユニオン・グループ(タイ・ユニオン)は12月13日、2020年までに同社のまぐろ調達75%以上で持続可能な漁業認証を取得した漁業事業者から調達することを宣言した。さらに将来同割合を100%に上げることも宣言した。同社は同時に、調達元の漁業従事者のサステナビリティ改善に向けた取組「Fishery Improvement Project(FIP)」を立ち上げる。 【参考】持続可能な漁業「MSC認 [...]

» 続きを読む

【国際】持続可能な漁業「MSC認証」取得事業者が世界で増加。日本を含むアジア地域は依然少ない

Facebook Twitter Google+

 漁業の持続可能性を高める活動を展開している国際NGOの海洋管理協議会(MSC)は10月12日、年次報告書「Annual Report 2015-16」発表、同NGOが提供する「MSC認証」が順調に世界の漁業に普及していることを発表した。MSC認証には漁業事業者に対する「漁業認証」と加工・流通事業者に対する「CoC認証」の2つで構成されているが、そのうち「漁業認証」取得事業者の捕獲量は前年比6%増加した。また「CoC認証」のもとでの流 [...]

» 続きを読む

【イギリス】エシカル消費市場は8%成長。エシカル・コンシューマー調査

Facebook Twitter Google+

 商品やサービスの購入を通じて環境や社会問題の解決・改善に貢献する、いわゆる「エシカル消費」を推進している英国NPOのエシカル・コンシューマーが、英国の最新エシカル消費市場動向についてまとめた2015年度の年次報告書、"】UK Ethical Market - Annual Report 2015"を発行した。  同報告書はエシカル・コンシューマーが1999年から英国内の幅広い消費セクターのエシカル消費動向を収集・分析しているものだ。 [...]

» 続きを読む

【国際】ヒルトンとWWF、ホテル業界のサステナビリティ推進に向けて提携

Facebook Twitter Google+

 ホテルチェーン大手のヒルトン・ワールドワイド(以下、ヒルトン)は5月12日、事業における環境負荷の削減に向けて3年間に渡り世界自然保護基金(以下、WWF)と提携する発表した。今後、WWFはヒルトンの正式な環境パートナーとして同社の事業をグローバルに支援する。また、ホテル業界の大手であるヒルトンとの協働は、WWFにとってもホテル業界におけるサステナビリティ慣行を推進する上で大きな一歩となる。  世界中に施設を持つヒルトンはこれまでにも [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る