【フランス】ロレアル、2016年度サステナビリティ報告書発表。CO2排出削減を前倒しで達成 2017/05/03 最新ニュース

 フランス化粧品大手ロレアルは4月20日、2016年度サステナビリティレポート「2016 Progress Report」を発表した。ロレアルは2013年から、2020年に向けたサステナビリティ・コミットメント「Sharing Beauty With All~美のすべてを、共に次世代へ~」を設定。(1)イノベーションにおける持続的発展、(2)生産における持続的発展、(3)持続可能な暮らし、(4)従業員・サプライヤー・コミュニティにおける持続的発展の4分野に取り組んでいる。

 ロレアルは、自社施設での二酸化炭素排出量を2020年までに2005年度比で60%削減という目標を定めているが、2015年時点で56%減を達成。そして2016年で67%削減を実現し、早々と中期目標を達成した。2016年に製品販売数は29%増加しており、その中で絶対量を追加で11%削減した意義は大きい。またグループ全体で15施設でカーボン・ニュートラル(二酸化炭素の純排出量がゼロ)を達成した。CDPの企業評価でも、「気候変動」「ウォーター」「フォレスト」の全てでAリスト入りを果たした。3分野でAリスト入りを果たした企業は、世界で同社とユニリーバの2社のみ。

ロレアルの主な2020年目標と2016年の達成状況

テーマ 2020年目標 2016年達成状況 2015年達成状況
自社施設での二酸化炭素排出量削減(2005年比) 60% 67% 56%
製品輸送での二酸化炭素排出量削減(2011年比) 20% 20%
水使用量削減(2005年比) 60% 48% 45%
廃棄物削減(2005年比) 60% 35% 31%
埋立廃棄物量(2005年比) 0% 0.2% 2.2%
環境・社会に資する製品割合 100% 90.0% 66.6%
製品ごとの進捗状況の消費者への開示割合 100% 46.0% 34.4%
環境・社会基準に基づく主要サプライヤー選定 100% 83% 51%
主要サプライヤーの環境・社会自主監査実施率 100% 83% 74%
主要サプライヤーの「連帯調達プログラム」参加率 20% 4% 4%
従業員の医療保険加入率 100% 88% 86.6%
従業員の労災以外事故時の家計支援率 100% 85% 78.4%
従業員の最低年1回の研修実施率 100% 77% 72.6%
貧困社会の市民に雇用機会提供 100,000人 67,533人 60,600人

 
【参考ページ】L’Oréal redoubles its efforts to achieve ambitious sustainability targets
【報告書】2016 Progress Report

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る