【国際】大手企業30社CEO、トランプ大統領にパリ協定残留を求める共同書簡に署名 2017/05/27 最新ニュース

 米大手企業を中心とする30社のCEOは5月10日までに、米トランプ大統領に気候変動枠組条約パリ協定への残留を求める共同書簡に署名した。CEOらは、パリ協定に留まることが、米国企業、サプライヤー、顧客、地域社会にとって有益であり、協定から離脱することはマイナスの影響となることについて言及。各国が支持する枠組みに留まることで、企業は気候変動対応とビジネスに求められる変化の両方を追求できるとしている。

 今回の共同書簡への署名は、米ウォール・ストリート・ジャーナルのオンラインサイト上で募集が行われており、CEOらは任意に署名を行った。共同書簡の内容は、

  • パリ協定への残留が、企業のグローバル市場における競争力を高める
  • 最新の効率的な技術を採用することで米国製造業にメリットが生まれる
  • 気候変動に関する長期的な視点を持つことで、企業も長期的な視点で投資計画が立てられる
  • クリーンで効率的なエネルギーへの投資は国内外での雇用創出と経済成長につながる
  • 低コストで二酸化炭素排出量を削減するための市場原理に基づく解決策とイノベーションを促す

 5月10日までにCEOが共同書簡に署名を行った企業は、

  • 3M
  • デーナ
  • ニューウェル・ブランズ
  • アリアンツ
  • ダウ・ケミカル
  • パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー
  • バンク・オブ・アメリカ
  • デュポン
  • P&G
  • BROAD Group
  • GE
  • DSM
  • キャンベル・スープ・カンパニー
  • ゴールドマン・サックス
  • セールスフォース
  • カーギル
  • ハリス・コーポレーション
  • ソルベイ
  • シティグループ
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • テスラ
  • コカ・コーラ
  • JPモルガン・チェース
  • ユニリーバ
  • コーニング
  • ケリング
  • ヴァージン・グループ
  • カミンズ
  • モルガン・スタンレー
  • ウォールト・ディズニー・グループ

【参照ページ】CEOs of Major U.S. Companies Urge Trump: Stay in Paris

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る