【ポルトガル】世界初の水力・太陽光コンビネーション型発電所が運転開始 2017/07/29 最新ニュース

 世界初の水力発電と太陽光発電を組み合わせた発電所が7月13日、ポルトガル北部のAlto Rabagãoダムで運転を開始した。Alto Rabagãoダムそのものが水力発電を開始したは1964年だが、今回ダムの水面上に、仏シエル・テール・インターナショナルが開発した水上太陽光発電設備「Hydrelioシステム」のパネルが840枚導入された。これにより発電量が68MWhから0.22MWh分上乗せできるという。水上太陽光発電設備だけで年間の発電量を332MWhにできる見込み。

 今回Alto Rabagãoダムの水域に設置された水上太陽光発電設備は、土地開発が不要な上、環境にやさしくリサイクルも可能。さらにこれらのパネルには部分的な防水作用があり、水の蒸発を遅らせ、藻類の発生を低減させるメリットもある。シエル・テール・インターナショナルによると、世界の巨大ダム50ヶ所のうち約10%が同設備を導入するだけで、400GWの発電が可能になるという。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る