【日本】GPIF、2018年度末時点の各ESG株式インデックスでの運用額公表 2018/07/09 最新ニュース

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月6日、2018年度末時点の各ESG株式インデックスでの運用額公表2017年度の業務概況書を発表した。
 GPIFの2018年3月末時点の運用資産総額は156兆3,832億円。2017年度の運用利回りは6.9%で、運用益は10兆810億円。2001年の運用開始依頼の運用益は、63.4兆円となる。運用利回りから名目賃金上昇率を差し引いた「実質的な運用利回り」でも3.01%を実現。年金制度設計上は0.14%の運用利回りを想定しており、それを大幅に上回る成績となった。
 GPIFは2017年7月、ESG株式インデックスとして、FTSE Blossom Japan Index(FTSE-BL)、MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(MSCI-ESG)、MSCI日本株女性活躍指数(MSCI-WIN)の3つを選定。1兆円での運用を開始。さらに近い将来3兆円まで投資額を増やしたい考えを示していた。
 各インデックスでの運用額は、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る