【国際】世界銀行グループ、2018年度の気候変動ファイナンスが約2.3兆円に。全体の32%占める 2018/07/25 最新ニュース

 世界銀行グループは7月19日、2018年度の気候変動関連へのファイナンス額が205億米ドル(約2.3兆円)となり、全ファイナンス額の32.1%に達したと発表した。世界銀行グループの会計年度は7月1日から6月30日まで。世界銀行グループは2015年に全ファイナンス額に占める気候変動関連プロジェクトの割合を2020年までに28%にまで高める目標を掲げていたが、3年前倒しで達成した。

 特に気候変動関連プロジェクトへのファイナンスが伸びたのは、政府向けのファイナンスを担当する国際復興開発銀行(IBRD)と国際開発協会(IDA)。2016年度には気候変動プロジェクト割合が28%だったのに対し、2018年度は70%まで伸長した。特に発展途上国向けが増えており、2017年度には39億米ドルだったが、2018年度は77億米ドルまで約2倍となった。

 民間部門へのファイナンスを担当する国際金融公社(IFC)でも、気候変動に関連するプロジェクトに83億米ドル投じられ、全体に占める割合も36%にまで上がってきている。政治的リスクをカバーする投資保険の多数国間投資保証機関(MIGA)も、気候変動は注力3領域の一つに指定されており、2018年度は保険を提供した約60%の分野が気候変動の緩和や適応に関するものだった。とりわけ再生可能エネルギーが75%以上を占めている。

 分野別では、再生可能エネルギーの民間投資分野に100億米ドルを動員。18GWの設備容量増加に貢献した。気候変動適応では、20ヶ国の農業分野に22件、交通インフラ改善に7.84億米ドルを投融資。さらに、気候変動情報を市民に届け早期警戒態勢をとるシステムも構築しており、合計18ヶ国3,800万人を対象としたプロジェクトにもファイナンスをした。

 世界銀行グループ全体の気候変動ファイナンスのうち、気候変動緩和が51%で、気候変動適応が49%。双方とも重視していることがわかる。
 
【参照ページ】World Bank Group Exceeds its Climate Finance Target with Record Year

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る