【アメリカ】EPA、バイオ燃料データの情報公開ウェブサイト開設。透明化の一環 2018/09/26 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)は9月20日、再生可能燃料基準(RFS)の情報公開の一環として、RFSの統計データと規制情報等を閲覧できるウェブサイト「Public Data for the Renewable Fuel Standard」を開設した。米国政府が定義する「再生可能燃料(RF)」は、バイオディーゼル等のバイオ燃料のこと。二酸化炭素排出量削減のため米政府が2005年に「エネルギー政策法」を、2007年に「エネルギー自立・安全保障法(EISA)」を制定し、その中でRFS制度が位置づけられた。

 RFSでは、再生可能燃料を4つに分類している。最も二酸化炭素排出量削減効果が高いのは、トウモロコシの茎葉や木片等のセルロース・バイオ燃料(D3)で60%上の削減効果。続いて、大豆油、キャノーラ油、廃油等のバイオマス由来の燃料(D4)で50%以上の削減効果がある。D3とD4を足したものが「先進的バイオ燃料(D5)」で、EISA法の中で推進されている。一方、コーンスターチ等二酸化炭素排出量効果が20%から50%のバイオ燃料は、「従来型バイオ燃料(D6)」と位置づけられている。D5とD6を足したものが再生可能燃料全体となる。

 RFSでは、再生可能燃料の流通過程では、再生可能識別番号(RIN)での管理が義務化されており、これによりサプライチェーン情報を一元的に管理できる。今回発表のウェブサイトでは、各再生可能燃料の生産量や、RIN毎の集計データについてもまとめられている。

【参照ページ】EPA Updates RFS Website to Improve Transparency
【ウェブサイト】Public Data for the Renewable Fuel Standard

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る