private 【国際】EcoVadis、サステナビリティ・スコアと国連グローバル・コンパクト署名の相関分析結果発表 2019/03/11 最新ニュース

 サステナビリティ・サプライチェーン評価機関EcoVadisは3月6日、同社の社会・環境評価「サステナビリティ・スコア」と国連グローバル・コンパクト(UNGC)との関連性を分析したレポートを発行した。UNGCに署名している企業は、サステナビリティ・スコアも高かった。  EcoVadisのサステナビリティ評価は「環境」「労働慣行や人権」「公正な企業倫理」「持続的な調達」の4テーマ21項目あり、各企業は0から100まででスコアリングされる。また各企業は、従業員1,000名以上の大企業とそれ未満の中小企業の2つに分類される。現在150ヶ国55,000社がスコアを取得しており、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ベライゾン、ロレアル、サブウェイ、ネスレ、セールスフォース、ミシュラン、BASF等が各業界での最高評価を受けている。  今回のレポート策定では、150ヶ国約3万社を分析。UNGC署名機関のサステナビリティ・スコアの平均は…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る