【日本】経産省、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CSPF)1.0策定 2019/04/22 最新ニュース

【日本】経産省、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CSPF)1.0策定 1

 経済産業省は4月18日、産業に求められるセキュリティ対策の全体像を整理した「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)」の初版を策定した。サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させることにより実現される「Society5.0」、様々なつながりによって新たな付加価値を創出する「Connected Industries」において、サプライチェーン全体のサイバーセキュリティ確保を目的としている。

 CPSFは、バリュークリエイションプロセスにおけるサイバーリスク源を整理するためのモデルとして、三層構造と6つの構成要素をあらためて整理。続いて、道外モデルを活用したリスク源の整理と、リスク源に対応する対策要件を提示することを定めた。必要となる対策要件については、具体的なセキュリティ対策事例も載せた。

【参照ページ】サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)を策定しました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る