【イギリス】英国本土、5月1日から5月8日まで石炭火力発電ゼロを達成。再エネ普及進む 2019/05/10 最新ニュース

 英電力系統運用ナショナル・グリッドEOSは5月8日、北アイルランド除く英国で、1週間石炭火力発電電力を使用しなかった快挙を発表した。英国では、1882年に同国初のホルボーン石炭火力発電所が誕生して以来、石炭火力発電電力が1週間にも渡って使われなかったのは初めてで約230年ぶり。英国では、石炭火力発電が丸1日使われなかったのは2017年4月が初めてで、約2年を経て1週間という記録を達成した。

 英国では、洋上風力を中心とする風力発電や太陽光発電に力を入れており再生可能エネルギー電力が増えている。また、原子力発電所も稼働している。目下、2030年までに国内電力の3分の1を洋上風力発電で調達することを目標としており、ナショナル・グリッドESOのフィンタン・スライ取締役会議長も、2025年までにはCO2フリーの電力に移行できるはずだと息を巻く。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る