【日本】トヨタ自動車とウェザーニュース、豪雨時の道路冠水リアルタイム検知で実証実験開始 2019/11/01 最新ニュース

【日本】トヨタ自動車とウェザーニュース、豪雨時の道路冠水リアルタイム検知で実証実験開始 1

 トヨタ自動車とウェザーニューズは10月11日、ウェザーニューズが持つ気象データとトヨタのコネクティッドカーから得られる車両データを活用し、気象観測・予測精度の向上やドライバーの安全、車両被害軽減を目指す共同研究に関する契約を締結。10月から道路冠水のリアルタイム検知に関する実証実験を東京都、大阪府、愛知県の3都府県を対象に開始したと発表した。

 両社は今夏、冠水検知のAIアルゴリズムを開発し、昨年夏に都内で発生したゲリラ豪雨を対象に事例検証を実施したところ、車両が通行した道路において、車両の故障や立ち往生につながる深さの冠水箇所の推測に成功した。10月から開始した実証実験では、アルゴリズムをより広域の道路で検証し、さらなる精度の向上を目指す。また、実証実験期間中、対象地域で冠水を伴う大雨が予想される際に臨時サイトをオープンし、推測された冠水箇所をリアルタイムで公開する。

 従来、道路の冠水状況を把握するには、車両や道路上に冠水センサーを取り付けて直接冠水状態を測定する必要があり、広範囲に冠水状況を把握することが非常に困難だった。今回、トヨタ自動車のコネクテッドカーでは、冠水しているエリアを車両が通過するとき、非冠水エリアと比べてアクセル踏み込み量に対する車両の速度が小さくなることを利用し、車両が通過した道路が冠水しているかどうかを判定する手法を発見した。

【参照ページ】コネクティッドカー情報をAI解析、道路冠水リアルタイム検知の実証実験を開始

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る