private 【国際】機関投資家イニシアチブTPI、自動車・海運・航空業界の気候マネジメントを評価。日本企業も対象 2019/12/07 最新ニュース

 欧米主要機関投資家18機関が参加する低炭素経済推進イニシアチブ「Transition Pathway Initiative(TPI)」は12月4日、輸送・交通業界の気候変動と二酸化炭素排出量削減の取り組みを分析したレポートを公表した。輸送・交通業界は、エネルギー由来の二酸化炭素の25%近くを排出している。しかし、わずか19%の企業しかパリ協定の2℃目標に沿った排出削減目標を持っていないと警鐘を鳴らした。調査と分析は、TPIのアカデミックパートナーである英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)のグランサム研究所が担当した。

 同レポートでは、時価総額を元に自動車企業22社、海運企業13社、航空機企業22社を対象。日本企業も多数、対象となった。「マネジメントの質」と「排出パフォーマンス」の2つの観点から分析した。「マネジメントの質」では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る