【アメリカ】CVSヘルス財団等、学生の電子たばこ喫煙防止プログラム無償提供に3.3億円拠出。教室で授業 2019/12/23 最新ニュース

【アメリカ】CVSヘルス財団等、学生の電子たばこ喫煙防止プログラム無償提供に3.3億円拠出。教室で授業 1

 米初等・中等教育デジタル教材開発Discovery Educationは12月17日、米ドラッグストア大手CVSヘルスの財団「CVSヘルス財団」と、科学的根拠に基づく健康プログラム開発財団CATCH Global Foundationと協働で、小学5年生から高校3年生までを対象とした電子たばこ喫煙防止プログラムを無償提供するイニシアチブ「Be Vape Free」を発足したと発表した。CVSヘルス財団が300万米ドル(約3.3億円)を拠出する。

 今回提供するプログラムは、テキサス大学健康科学センター・ヒューストン校が開発し、CATCH Global Foundationが普及している「CATCH My Breath」。たばこや電子たばこの健康リスクを教室で教えられる教材パッケージで、社会や数学等を組み合わせた学際的な学習ツールとなっている。プログラム開始後1年間の間に電子たばこを利用する数が約半減する効果があるという。追加プログラムは、2020年にリリース予定。

 米疾病予防管理センター(CDC)が発表しているNational Youth Tobacco Surveyの最新のデータによると、若年層の電子たばこ利用率は、2019年も上昇トレンド。高校生4人に1人が、過去30日間に喫煙したという。ついにドラッグストア系の財団も、電子たばこ禁煙に乗り出してきた。

【参照ページ】New ‘Be Vape Free’ Initiative to Tackle Youth Vaping Epidemic Through Schools

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る