private 【国際】FAO、サバクトビバッタ蝗害で最大さらに20倍に増えると発表。新型コロナと同時対策必要 2020/04/15 最新ニュース

 国連食糧農業機関(FAO)は4月9日、アフリカ東部で発生し、中国付近まで到達したサバクトビバッタによる蝗害問題で、対応に追われる各国からの支援要請額が1億5,320万米ドル(約160億円)に増えたと発表。各国からの支援拠出額も1億1,110万米ドル(約119億円)まで集まったものの、支援要請は今後も増える見通しを示した。

【参考】【国際】FAO、サバクトビバッタ蝗害で国連中央緊急対応基金から11億円ローン獲得。被害続く(2020年3月28日)
【参考】【国際】東アフリカ発生のバッタ蝗害、中東を越え、南アジアに到達。中国も警戒態勢に(2020年3月16日)

 現在、蝗害被害が深刻なのは、エチオピア、ケニア、ソマリアの3ヶ国。南スーダン、ウガンダ、タンザニアを合わせた6ヶ国では、すでに2,000万人が蝗害で飢餓状態に陥った。イエメンでも、内戦により予防接種が困難になったペストの拡大も含め、1,500万人が飢餓状態にある。

 東アフリカでは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (68)

ページ上部へ戻る