private 【中国】食品大手・中糧国際、ブラジル産大豆のトレーサビリティ確保で世界銀行と業務提携 2020/08/12 最新ニュース

 中国食品最大手の中糧集団(COFCO)の商社子会社COFCO International(中糧国際)は7月31日、ブラジルのセラード・バイオーム地帯産の大豆のサステナビリティとトレーサビリティを高めるため、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)とパートナーシップを締結したと発表した。

 ブラジルの巨大な大豆生産地であるセラード・バイオーム地帯は、全体ではセラード(低木地帯)の農地転換が2001年以降減少傾向にあるが、同国マラニョン州南部、トカンチンス州東部、ピアウイ州南部、バイア州西部の4地区に跨るマトピバ地域では、世界的な大豆需要の高まりを受け、農地転換が加速している。

 そのため、今回のアクションでは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る