private 【国際】蘭環境NGO、食品・消費財大手10社の廃プラ削減アクションを不十分と批判。他のNGOも批判 2020/09/23 最新ニュース

 オランダ環境NGOのChanging Markets Foundationは9月17日、消費財世界大手10社のプラスチック資源のサーキュラーエコノミー化の状況を分析したレポートを発表。完成形には程遠いとの評価を下し、徹底させるためには法制化が必要との意見を披露した。

 今回の調査対象となった10社は、コカ・コーラ、ペプシコ、ダノン、ネスレ、マース、モンデリーズ・インターナショナル、P&G、ユニリーバ、ペルフェティ・ファン・メレの10社。10社は、プラスチック廃棄物を削減するアクションを自主的に打ち出しているものの、「詰替え用容器への転換」「再生素材の含有率を2030年までにペットボトルで50%以上、それ以外では30%以上」「使い捨ての別素材への切り替えではなく再利用型への転換」「欧州だけでなくグローバルでのコミットメント」等の高い基準からは、現状のアクションでは著しく不十分との見解を伝えた。

 それに伴い、同社等が参加しているNGOやイニシアチブについても、目標とアクションレベルが不足していると批判した。批判されたNGOやイニシアチブは、Alliance to End Plastic Waste(AEPW)、エレン・マッカーサー財団、WRAP、UK Plastics Pact、Eurpean Plastics Pact、Trash Free Seas Alliance、Global Plastic Action Partnership等。

 また同レポートは、米国、EU、英国、日本、中国、韓国、ウルグアイ、ボリビアに関する法規制の状況も分析した。その結果、同10社が、各々の法域で、プラスチック汚染を防止するための法規制の制定を妨害していることがわかったとしている。加盟している業界団体が、プラスチック規制に反対している状況についても非難した。但し、説明には不十分な点も多く、企業側からの反論の余地があるようにもみえる。

 食品・消費財の世界大手は、プラスチック削減を早くから打ち出しているが、プラスチック汚染の撲滅を目指すNGOの視点からは、それでも全く十分とは映っていない。

【参照ページ】Ground-breaking report reveals hypocrisy of world’s biggest plastic polluters

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る