【国際】PCAFとCDP、金融機関の投融資カーボンフットプリント開示促進で連携 2021/12/31最新ニュース

 投融資カーボンフットプリント算出基準策定機関Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)と、環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月14日、世界中の金融機関に向け、PCAFが策定した金融機関向け温室効果ガス(GHG)報告標準「金融業界のグローバルGHG算出・報告スタンダード」の活用を推進していくことで、パートナーシップを締結した。

【参考】【国際】金融大手16社、金融機関の投融資GHG報告基準を策定。BoA、モルスタ等。PCAF主導(2020年12月1日)
【参考】【国際】PCAF、国債やグリーンボンドでの算出ルール案提示。促進排出量概念も。PCAFジャパンも発足(2021年11月24日)

 CDPの調査によると、…

Links