【国際】新興国の気候変動対応投資需要、2030年までに23兆米ドル。IFCレポート

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は11月2日、気候変動分野の投資ニーズをまとめたレポート「Creating Markets for Climate Business An IFC Climate Investment Opportunities Report」を公表。パリ協定の達成に向けた21主要新興国の気候変動対応投資需要は、2030年までに累計23兆米ドルと発表。投資の実現に向け、気候変動政策の改革を通して民間投資を促進 [...]

» 続きを読む

【国際】BMW、フォード、フォルクスワーゲン、ダイムラー、コンボ規格EV充電所整備で合弁設立

Facebook Twitter Google+

   自動車世界大手独BMWグループ、独ダイムラー、米フォード、独フォルクスワーゲンの4社は11月3日、電気自動車(EV)充電ステーションインフラを整備するための合弁企業「IONITY」を設立したと発表した。4社が25%ずつ出資。フォルクスワーゲン傘下の独アウディ、独ポルシェも協力する。IONITYは、2020年までに欧州全域の主要道路400ヶ所に急速充電ステーションを設置。2017年中に20ヶ所の建設が開始される。  設置される急速 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】USAID、革新的な途上国支援案件に総額21億円を助成。外部投資家の資金も呼び込み

Facebook Twitter Google+

 米国際開発庁(USAID)の米国グローバル開発ラボラトリーは11月13日、同機関の「開発イノベーション・ベンチャー(DIV)プログラム」で世界中の18団体を新規案件として採択し、総額1,840万米ドル(約21億円)の無償資金を提供することを決定した。同プログラムは2010年に開始し今年で7年目。DIVプログラムでは、国際開発の分野でのイノベーティブなアイデアを募集し、採択した企業やNGOに資金提供している。USAIDは、提供資金のイ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】HRC、Corporate Equality Index 2018公表。LGBTインクルージョンが飛躍

Facebook Twitter Google+

 米人権NGOヒューマン・ライツ・キャンペーン財団(HRC)は11月9日、企業のLGBTQに対する差別撤廃を評価する今年度結果「企業平等指数(Corporate Equality Index、CEI)2018」を公表した。HRCは、LGBTに「Q」を足した「LGBTQ」の用語を近年用いている。「Q」はQuestioning(クエスチョニング)やQueer(クィア)の意で、既存の性のあり方に左右されない志向の人を指す。米国企業や法律事務 [...]

» 続きを読む

【国際】森林保護Canopy、ビスコース繊維世界大手11社の森林保護ランキング公表

Facebook Twitter Google+

 カナダ森林保護NGOのCanogyは11月1日、ビスコース繊維原料の世界大手11社の森林保護ランキングレポート「Hot Button 2017」を公表した。レーヨン・ビスコース繊維は木材パルプを原料としている。ランキング発表は2016年に開始され、今回が2回目。Canopyの活動は、リーバイ・ストラウス、H&M、マークス&スペンサー、ZARA展開のインディテックス等も協力している。同ランキングは、世界アパレルブランド、小売、デザイナ [...]

» 続きを読む

【国際】ホテル業界団体ITP、気候変動対応レポート発表。2030年までに原単位66%削減

Facebook Twitter Google+

 英チャールズ皇太子が総裁を務める国際的慈善団体ビジネス・イン・ザ・コミュニティ(BITC)の推進イニシアチブの一つ、「International Tourism Partnership(ITP)」は11月2日、ホテル業の脱炭素アクションをまとめたレポート「Hotel Global Decarbonisation Report」を発表した。同レポート作成では、ホテル業界サステナビリティ・コンサルティングのシンガポールGreenvie [...]

» 続きを読む

【イギリス】バークレイズ、グリーンボンド5億ユーロ発行。英銀発行・使途英国資産で初

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手英バークレイズは11月6日、ユーロ建てグリーンボンドを発行した。英国銀行が英国資産を使途とするグリーンボンドを発行するのは初。発行額は5億ユーロ(約663億円)。償還は2023年。MREL(適格債務最低基準)適用の無担保債権。表面利回りは0.625%。セカンドオピニオンはカーボン・トラスト。発行ガイドラインは国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)を活用。気候債券イニシアチブ(CBI)からグリーンボンド [...]

» 続きを読む

【イギリス】医学誌ランセット、気候変動と健康被害の関連性分析レポート2017年版を公表

Facebook Twitter Google+

 有力医学誌ランセットが主宰し、24大学とWHO等の国際機関が健康と気候変動との関連性を分析している共同研究プロジェクト「ランセット・カウントダウン」は10月30日、2017年報告書をランセット誌に掲載し、現時点で明らかになっているデータを公表した。この共同研究は、2015年の「健康と気候変動に関するランセット委員会」による政策提言の進捗状況を2030年まで毎年精査し報告するもの。メンバーには気候学者、生態学者、エンジニア、エネルギー [...]

» 続きを読む

【日本】経団連、企業行動憲章を改定。Society 5.0実現を柱としたSDGs達成盛り込む

Facebook Twitter Google+

 日本経済団体連合会(経団連)は11月8日、IoTやAI、ロボット等革新技術を最大限活用し人々の暮らしや社会全体を最適化した未来社会「Society 5.0」の実現を柱として国連持続可能な開発目標(SDGs)を達成するため、企業行動憲章を改定した。  「Society 5.0」とは、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、人類社会発展の歴史における5番目の新しい社会の意味で、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議で検討され、2 [...]

» 続きを読む

【西ヨーロッパ】コカ・コーラ、新サステナビリティ目標設定。再エネ、容器リサイクル、糖分カット等

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手米コカ・コーラ・カンパニーと同社の西ヨーロッパのボトリングパートナー、英コカ・コーラ・ヨーロッパ・パートナーシップ(CCEP)は11月6日、西ヨーロッパ地域でのサステナビリティ・アクション・プラン「This is forward」を共同で発表した。コカ・コーラ・ヨーロッパ・パートナーシップは2016年5月に西ヨーロッパのボトラーだった米コカ・コーラ・エンタープライズ、スペインのコカ・コーラ・イベリアンパートナーズ、ドイツ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る