【イギリス】ケンタッキー、鶏肉サプライヤーに動物福祉基準を2016年から適用。飼育スペース拡大

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード大手KFCコーポレーションは7月11日、英国で販売している鶏肉製品のサプライヤーに対し、2026年までに動物福祉に関する遵守基準を設けると発表した。鶏が動き回れたり、羽を広げたりできるほどの飼育スペースや自然光を確保できるよう求める。  英国では、英国動物虐待防止協会(RSCPA)が、鶏飼育にでの動物福祉を求める「欧州鶏肉コミットメント」を掲げ、スーパーマーケットや外食企業に署名するよう求めている。英国で鶏飼育で全面 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府・気候変動委、気候変動緩和・適応で新たな提言。政府に本格的な制度導入要請

Facebook Twitter Google+

 英独立行政機関「気候変動委員会(CCC)」は7月10日、英国での気候変動緩和と気候変動適応に関する2つの政策報告書を英国議会に提出した。CCCは毎年、英国議会に進捗報告書を提出している。英国政府は6月27日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにすることを法制化。CCCはそれを受け、気候変動緩和と適応に真剣になる必要があると指摘した。 【参考】【イギリス】国会、2050年までのCO2排出ゼロ法案を可決。法制化したのはG7で初 [...]

» 続きを読む

【国際】アパレル大手90社のサーキュラーエコノミー・コミットメント、進捗達成率21%到達

Facebook Twitter Google+

 アパレル業界サステナビリティNGOのGlobal Fashion Agenda(GFA)は7月9日、アパレル大手20社が署名した「2020年サーキュラー・ファッション・システム・コミットメント」について2019年までに進捗レポートを発表した。  GFAは2016年設立。業界に署名を求めた同コミットメントは2017年に開始した。内容は、アパレルのサーキュラーエコノミーを推進するため、リサイクルしやすい製品設計、使用済製品の回収、回収製 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEPとNASA、GLOBE計画等の環境プログラム促進で協働

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)と米航空宇宙局(NASA)は7月10日、環境のための地球規模の学習及び観測プログラム(GLOBE計画)とUNEPの活動を共同で実施していくことで合意した。GLOBE計画は、子供を中心にデータ収集や科学プロセスに参加し、地球システムと地球環境の理解を促す国際的な科学教育プログラムで、NASAがスポンサーとなっている。  UNEPには、「地球資源情報データベース(GRID)」という科学者向けツールがあるが、GLO [...]

» 続きを読む

【ベルギー】ネスレ・ウォーターズの「Valvert」、再生プラ100%のペットボトルに全面転換達成

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレの仏子会社ネスレ・ウォーターズは7月10日、ベルギーで販売しているミネラルウォーター「Valvert」が再生プラスチック(rPET)100%のペットボトルに切り替わったと発表した。ネスレ・ウォーターズの世界全商品の中で、rPET100%を実現したのは同製品が初。  同社は2018年、ベルギー食品工業連盟(Fevia)に加盟する8社とともに、2022年までにベルギーで発生する飲料ボトルの90%を回収し、リサイ [...]

» 続きを読む

【インド】現代自動車、インド市場初となる本格EV販売を開始。EV切替の政府方針にいち早く対応

Facebook Twitter Google+

 韓国自動車大手の現代自動車は7月9日、インド市場初となる本格的な電気自動車(EV)を投入すると発表した。車種はSUVタイプの「Kona SUV」で、価格は250万ルピー(約400万円)で、インドでシェア最大のマルチ・スズキ・インディア(スズキ子会社)の「Alto」の8倍の価格設定。インドでは、モディ首相が、時期未定ながらもガソリン・ディーゼル車の販売を廃止していく方針を表明しており、いち早くインド市場でEVを投入した。  Kona [...]

» 続きを読む

【イギリス】E.ON、家庭向け全330万世帯の電気販売を再エネに切り替え。電気料金変わらず

Facebook Twitter Google+

 独電力大手E.ONの英子会社E.ON UKは7月9日、英国の個人販売向け電力が100%再生可能エネルギーとなったと発表した。電気料金は据え置きで、追加料金も発生していない。販売家庭数は330万世帯。  今回のアクションは、同社の顧客調査が基になっている。同社がアンケート調査をしたところ、再生可能エネルギー電力でなかった顧客のうち61%が、リーズナブルな価格であれば再生可能エネルギーに切り替えたいという意向を示していた。また、気候変動 [...]

» 続きを読む

【国際】IEA、省エネ緊急アクション委員会を発足。エネルギー消費削減のために省エネを本格推進

Facebook Twitter Google+

 国際エネルギー機関(IEA)は7月9日、省エネ促進のための独立ハイレベル国際委員会「IEA省エネ緊急アクション委員会」を発足した。政策強化によりどこまで省エネを加速できるかを検討する。委員には19人が選定された。  IEAは、省エネを促進する正しい政策を打っていければ、2040年までに現状と同じエネルギー消費量で世界の経済規模を2倍にまで成長できるという大胆な試算をしている。また、パリ協定目標を達成する上でも、省エネで世界の二酸化炭 [...]

» 続きを読む

【国際】Sustainalytics、ESG評価データ7種類が金融情報ツール「FactSet」で閲覧可能に

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は7月10日、同社が提供しているESG評価データが金融情報ツール「FactSet」上で閲覧可能となったと発表した。同社のデータは、すでにブルームバーグ上で閲覧可能となっていたが、さらに機関投資家が活用するツールへのリーチを拡大した形。  今回、FactSet上で閲覧可能となったのは同社が提供する7種類のデータ。まず、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ユーロネクスト、CDP3データ活用のESG株式インデックスを世界初設定。GSがライセンス獲得

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは7月10日、ユーロネクストがCDPのデータを活用したESG株式インデックスを新たに2つ設定したと発表した。CDPが収集、提供している気候変動、水、森林の3つ全てのデータを活用したインデックスは世界初。同インデックスは、ゴールドマン・サックスが欧州の個人投資家向けの仕組み商品販売で独占ライセンスを獲得した。  今回設定のインデックスは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る