【国際】環境保全に向けたインパクト投資の市場規模、約230億ドルまで急成長

Facebook Twitter Google+

環境保全を対象としたインパクト投資に関する初めての調査により、2009年からの5年間で同分野の市場規模は約230億ドルに急成長していることが分かった。また、そのうち約20億ドルは民間投資が占めており、現在は年間平均26%ずつ成長中で、2018年までに56億ドルを超えると予想されているとのことだ。 同調査結果は、米国金融大手のJPMorgan Chase & Co.が投資ファンドのEKO Asset Management Partner [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Morgan Stanley、プライベート・エクイティのインパクト投資を強化へ

Facebook Twitter Google+

投資銀行グローバル大手のMorgan Stanleyは10月14日、同社のプライベート・エクイティ投資におけるインパクト投資の更なる拡大に向け、David Wilton氏をMorgan Stanley Alternative Investment Partners(以下、AIP)のマネージング・ディレクターとして迎えると発表した。今後、AIPはMorgan Stanley Institute for Sustainable Inves [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ImpactAssets、インパクト投資で優れた成果を上げているファンド50を選出

Facebook Twitter Google+

インパクト投資を推進するNPOのImpactAssetsは10月21日、インパクト投資の分野で成果を上げているファンド50社をまとめた2014年最新版のリスト”InpactAsssets 50(以下、IA50)”を公開した。リストはオンラインで、無料で閲覧可能だ。今回掲載された50のファンドの資産運用額の合計は1,550億ドルに及ぶ。 ImpactAssetsでChief Impact Strategistを務めるJed Emerso [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ミッションマーケッツ社、インパクト投資を支援する新プラットフォームを提供開始

Facebook Twitter Google+

インパクト投資に関する金融情報サービスを提供するミッションマーケッツ社は6月2日、インパクト投資を支援する新たなオンラインプラットフォームの提供開始を発表した。 新たに開発されたプラットフォームは、機関投資家に対して社会・環境面に良いインパクトをもたらす投資に焦点を絞った調査や投資機会を提供するのが狙いだ。同プラットフォームはインパクト投資に興味がある学生から金融の専門家まであらゆる人々が利用可能となっており、インパクト投資に関するニ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米商務省と北欧機関投資家 インパクト投資に向けたスタディーツアーを実施

Facebook Twitter Google+

米商務省は、アメリカのインパクト投資分野のファンドマネージャーと北欧の機関投資家を結びつけるスタディーツアーを5/12~5/16に開催する。北欧の資金を拡大しつつあるアメリカのインパクト投資市場に呼びこむとともに、アメリカのソーシャルビジネス事業のノウハウを、北欧地域にも浸透させることを狙う。スタディーツアーの実務は、サステナブルビジネスやクリーンテクノロジーの業界に特化したコンサルティングを手がけるWatershed Capital [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る