【国際】インパクト・マネジメントの国際イニシアチブ「IMP」発足。UNDP、IFC、PRI、GIIN、GRI等参加

Facebook Twitter Google+

   国際機関複数は9月26日、事業や投資の分野でのインパクト・マネジメントに関する国際イニシアチブ「インパクト・マネジメント・プロジェクト(IMP)」を発足した。参加機関は、国連開発計画(UNDP)、国際金融公社(IFC)、経済協力開発機構(OECD)、国連責任投資原則(PRI)、GRI、Global Impact Investing Network(GIIN)、Social Value International(SVI)、Wor [...]

» 続きを読む

【国際】インパクト投資国際団体GIIN、インパクト投資運用会社5社の事例紹介

Facebook Twitter Google+

 インパクト投資推進の国際イニシアチブGlobal Impact Investing Network(GIIN)は9月6日、インパクト投資の最新の好事例をまとめたレポート「Financing the Sustainable Development Goals: Impact Investing in Action」を発行した。上場株式等で運用するメインストリームの運用会社とベンチャーキャピタル型インパクト投資運用会社の双方で合計5つの [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、インパクト投資の概念整理レポート発表。投資領域定義、インパクト測定KPI等

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は8月20日、アセットオーナーや運用会社向けにインパクト投資の動向や考え方を整理したレポートを発表した。インパクト投資に対する関心が高まり、運用資産額も増える中、インパクト投資に対する共通理解があるとは言い難い状況にある。PRIは、考え方を整理することで、さらにインパクト投資を増やしていきたい考え。レポート作成では、インパクト投資推進団体GIINも協力した。  PRIによると、2016年に450以上の機関投 [...]

» 続きを読む

【国際】インパクト投資国際団体GIIN、金融インクルージョンと健康領域のインパクト測定ガイドライン発行

Facebook Twitter Google+

 インパクト投資推進の国際イニシアチブGlobal Impact Investing Network(GIIN)は6月29日、金融インクルージョンと健康の2セクターについて、インパクト測定ガイドラインをリリースした。  GIINは、主要なインパクト投資領域でのインパクト測定ガイドラインを作成しており、すでに低所得者向け住宅、再生可能エネルギーへのアクセス、小規模農家の3分野でインパクト測定ガイドラインを発表。今回が新たに2つが加わり、 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP1、ブラックロックの新興国インパクト投資ファンドに110億円投資

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP1は5月3日、新興国のインパクト投資ファンドに1億米ドル(約110億円)投資すると発表した。投資先のファンドは、同基金の要請で米ブラックロックが設定した「BlackRock Emerging Markets Equity Impact Fund」。財務リターンを犠牲することなく、社会や環境インパクトも追求するアイルランド籍UCTISファンド。AP1は運用資産総額3,330億スウェーデンクローナ(約4.2兆 [...]

» 続きを読む

【イギリス】インパクト投資推進SSXが組織改編。トラストSSXと株式会社IINに分割

Facebook Twitter Google+

 英インパクト投資推進団体Social Stock Exchange(SSX)は1月26日、組織を改組し、Social Stock ExchangeとImpact Investment Network(IIN)に分割すると発表した。SSXの既存の加盟機関は全てImpact Investment Networkに移り活動を続ける。一方、SSXは、法人形態を信託(ビジネス・トラスト)に移行し、純粋なライセンス認証機関となり、金融機関や証券 [...]

» 続きを読む

【インタビュー】笹川平和財団、日本初・アジア最大の女性支援インパクト投資ファンド始動

Facebook Twitter Google+

 2017年9月、笹川平和財団がアジアで最大規模の投資総額となる女性支援型インパクト投資ファンドを設定した。インパクト投資は経済的利益を損なうことなく、教育、貧困、環境、医療等の社会的課題を解決する組織やプロジェクトに投資を行う金融手法の一つだ。欧米では、その高い効果性から、過去10年で大幅に拡大を遂げてきた。しかし、日本では大規模な取り組みはほとんど見られなかった。そのような中、笹川平和財団が、アジア向けの大型インパクト投資ファンド [...]

» 続きを読む

【スイス】チューリッヒ保険、投資ポートフォリオにインパクト目標を設定。インパクト投資額も倍増

Facebook Twitter Google+

 世界保険大手スイスのチューリッヒ保険は11月23日、ESG投資実施の一環として、インパクト投資での運用額を2倍にし、インパクト目標を設定する発表した。チューリッヒ保険は、グリーンボンドを20億米ドル分購入するなどインパクト投資を実施してきたが、インパクト投資額を2倍以上の50億米ドルにまで増やす。さらに、インパクト目標として、二酸化炭素排出量500万t削減、毎年500万人の生活改善を掲げた。同社によると、投資ポートフォリオのインパク [...]

» 続きを読む

【スイス】UBSアセット・マネジメント、インパクト投資ファンド設定。環境分野企業に投資

Facebook Twitter Google+

 スイス運用大手UBSアセット・マネジメントは10月26日、ルクセンブルク籍米ドル建てのインパクト投資ファンド「UBS(Lux)Equity SICAV – Global Impact Fund」を設定した。オープンエンド型SICAV。独自の手法で環境・社会へのインパクトを測定し、高いインパクトを生む企業の株式へ長期投資する。投資分野は、気候変動、大気汚染、水資源、疾病対策、食糧安全等の分野。  同ファンドは、UBSアセット・マネジメ [...]

» 続きを読む

【日本】第一生命、インパクト投資を開始。2社に計14億円出資。マイクロファイナンスと気候変動

Facebook Twitter Google+

 第一生命保険は10月23日、財務リターンと、社会インパクトや環境インパクトの双方を追求する「インパクト投資」を開始すると発表した。インパクト投資は世界的にESG投資の一つとして認識されている。  今回、第一生命保険が発表したインパクト投資は2件。まず第一号案件として、発展途上国でマイクロファイナンス事業等を展開する国内ベンチャー企業の五常・アンド・カンパニーに対し4億円を出資する。五常・アンド・カンパニーは2014年創業。現在の資本 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る